15:Negicco
そうそう、3人組アイドルとしてご紹介していなかったNegiccoはここでご紹介させていただきましょう。

Negipeciaとして登場したENJOY STUDIUMだけでなく、夜のSMILE GARDENでのステージを拝見したんですが、まぁともかくすっごい人! 2012年にやっと念願のTIF初出場を果たして、それから2年、SMILE前の芝生をたくさんの人で埋め尽くすまでに成長しています。

芝生の遠くから見ると、本当に緑色のネギ畑の向こうでNegiccoの3人が踊っているような…。キラー曲『アイドルばかり聴かないで』では、本当に芝生の奥の奥までたくさんの人が「ざんね~ん!」コール。間違いなく、Negiccoに流れが来ています!

 

大人数アイドル

16:LinQ
さて、最後にご紹介するのが10人組以上の大人数編成のアイドル。まずはこちらもおなじみ、福岡の「LinQ」です。

もはやアイドルシーンには欠かせない存在となった感のある彼女たち、たくさんの苦難を乗り越えて、ひとつひとつ大きくなっているように思えます。遠くから見る二代目リーダーのなっちゃん、頼もしくなりましたねえ。今回のステージには19人登場とのことで、この迫力プラス10人いる、という事実は改めてすごいです。

9月発売のニューシングル『ウェッサイ!!ガッサイ!!』では、でんぱ組.incを手掛ける「もふくちゃん」氏をプロデューサーに迎え、でんぱメンバーも制作に携わるとのこと。新たな化学反応に期待大!

 

17:バクステ外神田一丁目
LinQとはレーベルメイトになる、「バクステ外神田一丁目」も大規模編成グループ。

ステージ上も大人数でかなりの迫力でしたが、グループ自体が秋葉原のカフェレストラン「AKIHABARAバックステージpass」に所属する100人以上のキャストの総称なので、超大規模グループとも言えるかも?

自分がやっぱり気になったのがADなぎささんでした。ド迫力バディでキレキレパフォーマンスを魅せる姿は、平成のサモハン? いつ見てもカッコいい! ガンダム前ステージにはかなりたくさんの方がつめかけました。

 

18:ワッチミーナ2014
こちらもご紹介しましょう。TIFの定番でもあるコンテスト・オーディション系グループの中から「ワッチミーナ2014」。

MY NAVI STAGEには先日の初出場組特集でご紹介した「ヤンチャン学園音楽部」がふわふわカワイイ系を目指しているとしたら、こちらは切な系の方向性を感じました。

アイリスの佐藤さん&菅原さんが所属していて、さらに「Fine Color」のりょうかさんも所属。この方、グラビアでも以前から活躍してらして結構ファンなんです。キリッとした表情が美しかった!

 

19:X21
美しい、といえばこのグループを忘れてはいけません。国民的美少女が集まった「X21」をご紹介しましょう。

以前のインタビューでは末永さん、籠谷さん、長尾さんの3人にお話をうかがいましたが、いずれ劣らぬ才女揃いでした。さらにたくさんの才能と美しさに溢れるメンバーがステージに立つわけで、SMILE GARDENはもはや別世界。

可愛い恋心を歌った『チャイム鳴ったら』はやっぱり名曲。夏の暑さを一瞬忘れるようなさわやかさがありました。

 


さて、2回に分けてお送りしてきたTIF2014特集、いかがだったでしょうか? この2回でご紹介したグループは、出演アイドルのほんの一部なんですよね。

今年も東京女子流が見られず残念…。移動中にステージからの音だけ聞こえていました。Dream5も見たかったし、キャラメル☆リボンの成長ぶりも見たかった!G☆Girlsやミスマリといった水着で登場したグループもチェックしておきたかったし、ああ、なぜTIFは年に一回しかないんでしょう…。

と言いつつも、年に1回しかないからこそ、各グループがそれぞれの思いを持って出演したり、その姿が輝くのも確か。多くのアイドルフェスが充実している現在でも、TIFの意義はやはり大きいように感じました。この夏もアイドルシーンを追いかけていきたいと思います!今回のレポートは以上です。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます