東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 日本代表選手団開会式用公式服装

いよいよ開会式まで半年に迫った1月23日、『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』日本代表選手団公式服装及びテクニカルオフィシャルユニフォームの記者発表会が行われた。日本選手団が開会式、式典で着用する公式服装、審判などの技術役員が着用するテクニカルオフィシャルユニフォームが披露されたのだ。

今回の日本代表選手団公式服装は“ニッポンを縫う”というコンセプトのもと、“東京2020大会の価値の発信”“歴史と伝統の継承”“国民との一体感”を表現。オリンピック・パラリンピックの“共生”をテーマに、初めて統一デザインで作製された。日本代表選手団開会式用公式服装に身を包んだアスリートたちは、次のように感想を語った。

「すごくストレッチが効いていて、ずっと着ていても疲れないという印象」(競泳・瀬戸大也)
「とても軽くて着心地がいい」(ウエイトリフティング・三宅宏美)
「白いジャケットは涼しげでさわやか。ずっと座っていてもしわにならない」(馬術・黒木茜)
「スーツの裾を短くしてもらって、車椅子に座ってもタイヤにつかずに黒くならない」(パラ・アーチェリー・上山友裕)
「初めての同一デザイン、みんながひとつになった感じでうれしい」(パラ・陸上競技・前川楓)
「これまで以上にいい、非常に動きやすい服になっている」(パラ・トライアスロン・土田和歌子)

また、半年後に迫った本番に向けて、アスリートたちは次のように意気込みを口にした。

「夢の舞台。自分の夢は五輪で金メダルを取ること。『東京五輪2020』でその夢が叶うようにしたい」(瀬戸)
「『東京五輪』に出られるよう、またこの正式服装を着られるようにしっかりがんばりたい」(三宅)
「オリパラ同一デザイン、自国開催ということで、チーム競技・個人競技いろいろあるが、日本チームとして団体戦だと思って臨みたい」(黒木)
「オリンピックが盛り上げるのは目に見えてわかる。オリンピックに負けないようパラリンピックを盛り上げたい」(上山)
「大きな舞台で自分の力を発揮して、最高に楽しかったと言える大会にしたい」(前川)
「この服を再び着られるようにがんばりたい。日本をひとつにしたい」(土田)

また、テクニカルオフィシャルユニフォームはフォーマルウェアとカジュアルウェアの2種類があり、“暑さ対策”“持続可能性”“多様性”をテーマに開発された。開会式用・式典用正式服装とフォーマルウェアはAOKI、カジュアルウェアはアシックスが制作した。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます