(左から)中村アン、木梨憲武、室井滋、上川隆也

 東京ディズニーシーの新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」が12日にグランドオープンし、ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』『ファインディング・ドリー』日本語吹き替え版で声優を務めた、室井滋(ドリー)、木梨憲武(マーリン)、上川隆也(ハンク)、中村アン(デスティニー)らがサプライズ登場した。

 8時30分の開園後、同アトラクション入り口に到着した来場者を、室井、木梨、上川、中村が出迎えた。4人はサプライズに感激する来場者約240人と握手を交わし「いってらっしゃい」などと元気よく声を掛けた。

 アトラクションを事前に体験した4人はその後、会見に。アトラクションでのエピソードを聞かれた室井は「ドリーが映像で『ギャー』とか騒いでいるんですが、それを見て私も、キャーとか、ワーと騒いでしまうと耳に入ってくる自分の叫び声がドリーなんですよ!ドリーがいっぱいみたいな…」と語って会場を沸かした。

 また今日がディズニーシーデビューとなった木梨は「55歳ですけど最高です!」とアトラクションの感想を語った。

 さらにディズニーランドの思い出について聞かれると「家族でディズニーランドに来て子どもたちよりプーさん(のハニーハント)にハマっちゃって…」と語り、「それは何年前の話?」と聞かれると「子どもが俺と会話してくれてたころの話で、10年以上前ですね」とぼやいて会場の笑いを誘った。

関連記事