スウィートハート・カフェの「スペシャルセット」スウィートハート・カフェの「スペシャルセット」 ©Disney (撮影/MezzoMiki)

東京ディズニーランドで、2017年10月31日まで開催中の「ディズニー・ハロウィーン」。

たくさんのハロウィーン限定メニューが楽しめる中、特に注目なのが、スウィートハート・カフェで販売中の「カレーパン&パンプキン風味のシナモンロール」。

パンだけの注文なら520円と手軽に楽しめる価格に加え、映画『ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のキャラクター「ジャック・スケリントン」の顔がデザインされたカレーパンは、SNS映えも抜群です。

今回はこのメニューの魅力や、SNS投稿時に差がつく撮影方法、フォロワーからの反応が見込める説明文のアイデアをご紹介します。

どんな時間帯でも楽しめる優しい味。セットメニューでボリュームアップも可

「カレーパン&パンプキン風味のシナモンロール」(単品, 520円)「カレーパン&パンプキン風味のシナモンロール」(520円) ©Disney (撮影/MezzoMiki)

「カレーパン&パンプキン風味のシナモンロール」は、その名の通り、2種類のパンが楽しめるメニューです。

ディズニー映画のキャラクター「ジャック・スケリントン」の顔が目を引くカレーパンは、ふわふわの白いパンがベース。

カレーパンと聞くと、少し重たい揚げ物の印象を抱きがちですが、今回はこの白いパンのおかげであっさり食べられます。

ジャックの目の部分からは、ほんのりチョコレートの味も楽しめ、他のパン屋さんでは味わえないカレーパンでした。

「パンプキン風味のシナモンロール」は、上に乗ったカボチャ風味のクリームが、味にも見た目にもハロウィーン気分を掻き立ててくれます。

上記2種のパンのみの注文は520円ですが、ボリュームが少し足りないという方には、990円のセットがおすすめ。

ぶどうの果実が秋らしい「グレープゼリー」と、飲み物が一緒に楽しめます。

営業時間が長く、利用しやすさも魅力

東京ディズニーランドの「スウィートハート・カフェ」東京ディズニーランドの「スウィートハート・カフェ」 ©Disney (撮影/MezzoMiki)

このメニューを販売している「スウィートハート・カフェ」は、開園から閉園までオープンしているのも魅力。

いつでも、自分の好きなタイミングで食べられます。

上述のように、単品かセットかで分量が調節でき、カレーパン特有の脂っこさもないので、朝ごはんやお昼ごはん、おやつ、帰宅前の夜食などどんな時間帯にもおすすめです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます