今年12月10日(日)の開催で第45回記念大会を迎える「JAL ホノルルマラソン」。この記念大会に今年4月に現役を引退したフィギュアスケート元世界女王の浅田真央さんが、自身初となるフルマラソン挑戦として「JAL ホノルルマラソン2017」に参加することを表明しました。

引退後は「ホノルルマラソンを走りたい」と語っていましたが、その夢が実現することとなりました。

参加表明に際し、浅田さんは「元アスリートとして、高い目標をもって、楽しみながら挑戦したいです。タイムは4時間30分を切りたい。マラソンの練習を始めて、走り始めているということは前に進んでいるということなので、この挑戦をまずは達成したいです。参加する皆さん、サポートしてくださる皆さん、応援してくださる皆さん、すべての皆さんの力をもらって、しっかりゴールできるように走り抜きたいと思います。」と コメントを寄せています。

大会当日までの練習風景も含め、この浅田真央さんのフルマラソンチャレンジの様子は、2018 年1月13日(土)午後4時からオンエアするTBS特別番組「JAL ホノルルマラソン 2017」にて紹介されます。

<浅田真央プロフィール>
フィギュアスケート選手(女子シングル)。2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。ソチオリンピック6位。2008年、2010年、2014年世界選手権優勝。四大陸選手権優勝3回。GPファイナル優勝4回。全日本選手権優勝6回。

姉は同じくフィギュアスケート選手の浅田舞。2010年バンクーバーオリンピックでは、女子シングル史上初めて、1つの競技会中に3度のトリプルアクセルを成功させ、ギネスに認定。2014年世界選手権では、ショートプログラム世界最高点でギネスに認定される。1990年9月25日、愛知県名古屋市生まれ。中京大学体育学部卒業。趣味はショッピング。愛犬はトイ・プードルの「エアロ」「ティアラ」「小町」。

<JALホノルルマラソンとは>
今年で第45回記念大会を迎える JAL ホノルルマラソンは、制限時間がないので初心者からトップランナーまで、誰もが楽しめる世界最大級の市民マラソンです。アロハ・スピリッツにあふれる、たくさんの地元ボランティアからの温かい声援を受けて、ホノルルの観光名所を巡るマラソンコースは、「特別な体験ができる」と多くのランナーに指示されています。

アラモアナ公園をスタートした後、世界的に有名なワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッドを経てハワイカイで折り返し、カピオラニ公園でフィニッシュするという壮大なシーサイドコースです。高低は、ダイヤモンドヘッド付近の短い坂を除けば、ほとんどが平地という走りやすいコースになっています。

大会名称/JAL ホノルルマラソン 2017
開催日時/2017 年 12 月 10 日(日) 午前 5:00 スタート
競技種目/フルマラソン (42.195km)、フルマラソン車椅子競技部門 (42.195km)
主催/HONOLULU MARATHON ASSOCIATION (ホノルルマラソン協会)
特別協賛/日本航空
協賛/三菱 UFJ ニコス / 佐藤製薬 / スポーツ ビューティ / デサントジャパン
賛助協賛/NTT ドコモ
参加人数/定員なし。昨年実績:28,675 名【うち日本人11,087名(38.7%)】
参加資格/大会当日 7 歳以上の方
※7~14歳の子どもが参加の場合、コース上では保護者の方が常に一緒に行動してください
完走記念品/完走者には完走Tシャツ、完走メダルと完走証を進呈

このページが気に入ったら、フォローしてね!!