あなたも「オリンピック出場」が狙える!?かもしれない、マイナースポーツ12選

2016.8.6 13:00

オリンピックの中継を見ていると、自分もこの舞台にたったら……なんて妄想する人も少なくないでしょう。2020年には東京オリンピックが開催されます。どうすればオリンピックに出場できるのか。「マイナー競技を狙う」「子どもに託す」など、具体的に考えてみました

メイン画像

いよいよ開幕したリオオリンピック。南米大陸で初めて行われる今大会ですが、開催前は現地で盗難に遭った、ボヤ騒ぎがあったなど、やや不安な情報が届いていました。ただ、そこはお祭り好きのブラジル人、開幕と同時にもの凄い盛り上がりをみせています。

米専門誌『スポーツ・イラストレーテッド』によると、日本の金メダル数は合計13個と予想されています。銀メダルは7個、銅メダルは14個で、計34個のメダルを獲得するのではと。さて、実際はどのような結果になるのか、今から楽しみですね。

そんなオリンピックの中継を見ていると、自分もこの舞台にたったら……なんて妄想する人も少なくないでしょう。2020年には東京オリンピックが開催されますし、地元の声援を受けながらのオリンピック出場は、誰もが憧れる舞台ですね。

しかし、当然ですがメジャースポーツでのオリンピック出場は大変難しいもの。競技者の中のほんのわずかな人しか、本大会には出場できません。そうなると、現実的にオリンピックを狙うのであれば、マイナースポーツを極めるのが早そうですね。

51EHTQHERZL._SX351_BO1,204,203,200_


書籍『ペナルティのマイナースポーツ体験記 日本代表になろう!』では、芸人・ペナルティが12種類のマイナースポーツに挑んでいる一冊。同書で紹介されているマイナースポーツとは……。

・セパタクロー
・ダブルダッチ
・スピードボール
・ペタンク
・カポエィラ
・ラート
・ジークンドー
・インディアカ
・インラインスケート
・ラケットボール
・シャッフルボール
・デジタルスポーツシューティング

さすがマイナースポーツです、競技名だけではどのようなスポーツなのかわからないものが……。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!

超簡単「顔ヨガ」で小顔に!

     
ファンダフル ENJOY!リレーマラソン

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント