DEZERT/(撮影・さわきみのり)

DEZERTが10月8日、東京・中野サンプラザホールにて「DEZERT LIVE TOUR “千秋を救うツアー 2”」ファイナル公演を行った。なお彼らにとっては本公演が初ホールワンマンとなる。

年明けから30箇所以上をまわるロングツアー「千秋を救うツアー」、続いて夏から「千秋を救うツアー2」を敢行、ひとつの節目であろう本公演には多くの人が足を運んでいた。心なしか以前より客層の世代が広がっている印象がある。

15年、16年にはMUCC・ミヤ主催の「COMMUNE」に、昨年は「VISUAL JAPAN SUMMIT」に出演し、今年はMUCCやD’ERLANGERのトリビュートアルバムへの参加、そして上の世代のバンドも招いた主催フェス「This Is The "FACT"」など活動の幅を広げていることも良い効果を生んでいるのだろうか。

本サイト最初のインタビューで”無理なキャパあげはしたくない”と公言していたDEZERT。あれから3年、”バンドの身の丈”がこの規模のホールライブになったということだ。

DEZERT/(撮影・さわきみのり)

開演前のBGMはいつもどおりビートルズの『イエスタディ』、ステージは大掛かりなセットやスクリーンもないシンプルなもので、それは今のバンドの自信をあらわしているかのように見えた。

開演予定時間を約15分ほど過ぎた頃、客電が落ちる。どこか居心地の悪い奇妙なサウンドが鳴り響き、まだ薄暗いステージに、SORA(Dr)、この夏SaZから改名したSacchan(B)、Miyako(G)、そしてギターを抱えた千秋(Vo)があらわれた。

1曲目は『おはよう』。逆光の中、じりじりと真綿で締められるようなサウンドがフロアに充満していく。「何もない未来より、何かある今日を! 何もできない未来より、何かできる今日を!」と千秋が吠え、『幸福のメロディー 』へ。フロアはヘッドバンギングで埋め尽くされる。

『幸福のメロディー 』は10月25日にリリースされる”新曲”、このツアーで初披露となった曲だ。Xヶ月リリースも珍しくないハイペースなシーンの中で(たぶんこれはヴィジュアル系シーンに限ったことでなく)、リリースや楽曲の発表が近年のアーティストの中では少ないDEZERT。続いての『MONSTER』、『Sister』は4,5年前のものだが、演奏する曲は同じでも”代わり映えのないライブ”とは無縁で、過去の曲たちもツアーを重ねるごとに磨き上がっていくようだ。また、ライブが始まってすぐに「激しいのにうるさくない」音作りだということに気がついた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます