宮澤佐江

ーーさあ、佐江ちゃん! 今回もよろしくお願いします。

はい! よろしくお願いします。

ーー前回からひと月ぶりの取材です。

前回の取材は10/2でしたよね。「ミラチャイ」に関しての私の記憶力はすごいですよー。

ーー(笑)。前回は、舞台『TOKYO TRIBE』の東京公演中でしたね。

そうですね。その後に、名古屋と大阪公演があって、大阪で大千秋楽を迎えて。

『TOKYO TRIBE』の大千秋楽から今日まで、たったの10日しか経ってないの!? 濃密な10日間だったなぁ。。 『TOKYO TRIBE』がもう、すっごく前のことのように感じる!!

ーー千秋楽前は、「TRIBEロスになりそう」と言っていた佐江ちゃんですが、実際にはいかがですか? (第32回)

それが「ロス」を感じる感覚は、もうなくなっちゃったみたいなんです!
頭の切り替えができるようになりました。

これまでに、一番「ロス」を感じたのは、『王家の紋章』の初演(2016年8月公演)を終えた後。ちょうど去年の今頃の季節です。心にぽっかりと穴が開いちゃって。でも、今年に入ってからは、

『王家の紋章』再演のお稽古が2月に始まって、4、5月に本番

『ピーターパン』のお稽古が6月に始まって、7、8月に本番

『TOKYO TRIBE』のお稽古が9月に始まって、10月に本番

今はもう『朝陽の中で微笑んで』のお稽古に入っていて。いくつかの舞台を経験して、「ロス」という感覚がなくなっちゃったみたいなんです。

ーー『王家の紋章』初演のとき、次の作品の稽古場へ行く共演者さんを見て、「さみしい! 」と言っていた佐江ちゃんを思い出します。(第5回)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー