写真左より、小野早稀さん、本宮佳奈さん 撮影:稲澤朝博

2017年を代表する大ヒットアニメ「けものフレンズ」。そのプロジェクトの世界観を舞台化し、6月に上演された舞台「けものフレンズ」も、5日間・9公演が大盛況で幕を閉じ大きな話題に。2018年1月には待望の再演が控えている。

舞台「けものフレンズ」の特徴といえば、なんといってもメインキャストを演じているのがアニメ版の声優陣ということ。アニメと舞台のキャストが同じというのは非常に珍しく、イメージ通りの声で「けもフレ」の世界観を楽しめるとファンの評判も上々だ。

そんな舞台「『けものフレンズ』」でアライグマ役を務める小野早稀さんと、フェネック役の本宮佳奈さんに、初演を振り返りつつ、来月に控える再演への想いを語ってもらった。

ファンにはたまらない新曲も! さらにパワーアップした舞台

――舞台「けものフレンズ」が待望の再演ということで、決定した時のお気持ちを教えてください。

小野:最初に思ったのは「早いな!」ということです。普通、舞台の再演って一度終了して、少し間を置いてからやるのかなと思っていたもので、今年6月に行った舞台の千秋楽で再演が発表されたのでビックリしました。

でもそうやってすぐに再演が決まるということは、多くの皆さんに楽しんでいただけた結果かなと思うので素直に嬉しかったです。

本宮:すごく嬉しい気持ちはもちろん、次が初演の劇場の2倍の広さになるので、皆さんに来ていただけるかな~ってちょっと心配もあります(笑)。

――初演ではチケットが取れなかった方がたくさんいると思うので、きっとたくさんの方がいらっしゃると思います。前回の演出に加えて新曲も追加になるそうですね。

小野:そうなんです! まだ稽古がスタートしていない(※取材は11月中旬)のですが、どんな追加要素があるのか私たちも楽しみです。その反面、あの緊張感がまた蘇ってきて、そろそろ気を引き締めていかないとなと思っています。

本宮:再演は皆さんと一緒に楽しむ要素が増えるようなので、さらに楽しい舞台になると期待しています。初演に来てくださった方はもちろん、再演で初めてご覧になる方はパワーアップした舞台を最初に観られる、という超お得な機会です!

©けものフレンズプロジェクトS

アライさん&フェネック、普段の性格は真逆!のはずが?

――私も初演を拝見しまして、キャラクターさながらのもふもふの衣裳にダンスに歌にと盛りだくさんで、稽古がかなり大変だったのではないかと思ったのですが、振り返ってみていかがですか?

小野:私は舞台に立つということ自体も初めてだったので、最初はどうなるんだろうと不安でいっぱいで。でも、皆で一緒にひとつのものを作り上げていくという舞台の醍醐味と、長い時間稽古を共にすることで絆も生まれて、すごくすごく楽しかったです。

本宮:大変だったなって記憶はほとんどなくて、楽しい思い出しかないのですが……。

声優のお仕事は手元に台本があるので、まず、セリフを覚えるのが大変でした。フェネックはアライさんが言ったことに対してクールに突っ込むという、アライさん発信でセリフを返すことが多かったので、その点は助かりました。

でも私はフェネちゃんみたいにクールでは無いので、テンションを良い意味で落とすというか、飛び跳ねないように心がけていました。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます