宮澤佐江2018年、戌(いぬ)年

ーーさあ、佐江ちゃん。新年あけまして、おめでとうございます! 2018年、初回の「ミラチャイ」連載です。

明けましておめでとうございます! 今年もどうぞ、よろしくお願いします!

ーー今年もよろしくお願いします。2017年は「舞台イヤー(YEAR)」ともいえる1年を送った佐江ちゃん。2018年もまた、新たな舞台出演が予定されていますね。そんな話題も交えながら、今年も「ミラチャイ」連載スタートしましょう!

はーい!

ーーまず、最初の話題は、やはり2018年の抱負からお聞きしましょう。2017年は「自然体」がテーマの年でしたが、さて今年は?

今日、ここへ来るときに「今年の抱負」を何にしようか考えていたんです。2017年は「自然体」だったから、今年もひと言でまとまる抱負がいいのかなぁって。

ーーひと言でも、長めでも、もちろんOKです。ひとつだけじゃなくてもいいと思いますよ。

スローガン的なものとか? 2017年は、4本の舞台があって、過去を振り返るのが大好きな私も、ここ数年のうちでは一番、過去は振り返らなかった年だったな。そんな2017年があったからこそ、2018年は……

うーん、何か、ぴったりくる言葉、あるはずなんだけどなぁ。うーん。

ーーではでは、抱負はまた後ほどお聞きするとして、もうひとつの話題、『朝陽の中で微笑んで』の千秋楽のお話からしていきましょうか。千秋楽から今日まで、約1週間経ちましたね。(編集部註:取材日は12/27)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー