1月に一斉に放映をスタートした冬アニメも、早くも折り返し地点を迎えようとしています。

斬新かつアナーキーな表現で話題性では頭一つ飛び抜けた感のある『ポプテピピック』や、丁寧な作劇がアニメファンの支持を集める『ゆるキャン△』と『スロウスタート』というきらら系アニメの2作品、今後の展開も楽しみなロボットアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』などなど、注目作が数多く揃った今年度の冬アニメの中でも、本連載でその音楽を"イチ推し"ておきたい作品が『ラーメン大好き小泉さん』です。

人気音楽レーベルのflyingDOGプロデュースによる本作。その主題歌と劇伴には、アニメファン、音楽ファン、そして、ラーメンファンの心をもグッと掴む、話題性とこだわりがマシマシに詰まっています。

大胆な歌詞とサウンドにシンガーの高いポテンシャルが融合した1曲! 鈴木みのり『FEELING AROUND』

『ラーメン大好き小泉さん』の音楽を語る上で先ず外せないのが、オープニング主題歌の『FEELING AROUND』です。

『マクロスΔ』のフレイア・ヴィオン役で声優・アニソンアーティストとして鮮烈なデビューを飾り、劇中から飛び出したアイドルユニット「ワルキューレ」のメンバーとしても活躍する鈴木みのりさんのソロデビューとなる本曲。

アニソン界の新鋭によるファーストシングルということでリリース前から話題性も抜群。果して、「鈴木みのり」という極上の素材をどのようにプロデュースしてくるのか……? 個人的にも熱い視線を注いでいたのですが、流石は、flyingDOGプロデュース作。今回も実に"攻めた"楽曲を届けてくれました!

オリエンタルなシンセサウンドで始まる本曲は、随所に散りばめたアジア的な旋律に、スピード感も含ませた凝った仕上がりのポップソング。歌詞も実にユニークで、恋の熱量をラーメンに例えたワードが幾度となく顔を出す異色のラブソングとなっています。

トラックもリリックもラブソングとしては、かなり風変わりな『FEELING AROUND』ですが、その個性的な楽曲を一本筋の通ったポップソングに仕立て上げているのが鈴木さんの歌声です。

溌剌さと自然体で耳へと入り込んでくる歌心を有した歌声は、今後の更なる躍進を感じさせ、また、個性派楽曲のパワーにも当たり負けないシッカリした芯の部分が伝わってきます。何よりも可愛い声、そして、明るいキャラクター。"陽"なエネルギーたっぷりのアーティスト性は、鈴木さんのソロ活動においても大きな武器となることは間違いありません。

ワルキューレの『ルンがピカッと光ったら』の作曲者であるコモリタミノル(小森田実)さんを迎えたお洒落でファンキーな『好きなものは好き!』、自身の作詞曲をアコースティックギターの伴奏のみで聴かせる『20才の約束』という2つのカップリングナンバーでは、シンガーとしてのレンジの幅を見せており、『マクロス』シリーズにおける歌姫の先輩である中島愛さんと同様に、"ポップ"を軸にしつつ、どんなサウンドアプローチの楽曲にも対応できそうな懐の深さが感じられます。

「フレイア・ヴィオン」というポップアクトとしてのパーソナリティを確立しつつ、ソロ名義でもアニソンシンガーとしての歩みを始めた鈴木みのりさん。『FEELING AROUND』は、超個性派のプロデュースワークと共に、その高い実力を感じさせる大充実のデビューシングルとなっています。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます
バックナンバー