洗練されたサウンドと個性的なダンス、そして斬新な舞台演出の数々で、日本で……いや、世界レベルで愛されるテクノポップユニット、Perfume。

メジャーデビュー直後からその音楽性が愛好家の注目を集め、2007年にはCMソングに起用された『ポリリズム』が大ヒット。その後も、常に進化を続け、現在でもJ-POPシーンで唯一無二な存在感を放ち続けています。

彼女たちの活躍を受けてか、2000年代の後半から現在に掛けて、アニソンや声ソンの世界でも良質な“テクノアニソン”が次々に誕生しています。今回は、その影響を音に感じられるアニソンや、同アーティストに縁深いクリエイターが携わった楽曲など、Perfumeファンならば見逃せないオススメの楽曲を紹介します。

堀江由衣『バニラソルト』

テレビアニメ『とらドラ!』のエンディング曲として使用された堀江由衣さんのテクノポップなシングル曲。

この曲がリリースされた2008年は、Perfumeがファーストフルアルバム『GAME』で、その評価と人気を決定付けた年であり、曲調にもその影響がストレートに感じられます。

ガーリーでテクノなサウンドと堀江さんのキュートな歌声のアンサンブルが最高に気持ち良く、思わず胸がキュンとトキメクような1曲に。

特筆すべきは本曲のMVの存在で、劇中ではキラキラした空間の中で、Perfumeのメンバーを連想させる「ショートカット」「前髪パッツンのロング」「ふわふわパーマなロング」という3種類のヘアースタイルの堀江さんが歌とダンスを披露。

音も映像もPerfumeへのオマージュを思わせるエッセンスが随所に散りばめられています。

"テクノポップ"がお茶の間レベルでのリバイバルを果たした当時の熱を、見事にアニソンへと落とし込んだナンバーと言えるでしょう。2008年のアニソンを代表する名曲です!

ミス・モノクローム『ポーカーフェイス』

『バニラソルト』で、突如としてテクノ化したほっちゃんが、更にその路線を押し進めて誕生したキャラクター、それがミス・モノクロームです。

堀江さんのコンサートに自身が演じるCGキャラクターとして初登場後、アニメやコミック、スマートフォンゲームなど様々なメディアミックスを展開する人気キャラに。「ミス・モノクローム」名義でのアーティスト活動もスタートし、音源も数多く発売されています。

本曲は、ファンからの人気も高いファーストシングルで、ピコピコしたサウンドに乗せて、ボイスエフェクトを使用した"ロボット声"での歌唱を展開。

アンドロイドというキャラクター性を逆手に取り、声優の歌声をバリバリに加工するというアイデアは非常に画期的かつラディカルで、多くのアニソンファンに衝撃を与えました。

アイドルでありつつも、ボーカルをエフェクト処理することで、電子的かつオリジナリティの強いアーティスト性を打ち出したPerfumeと同方向にあるチャレンジングな曲であり、ほっちゃんのもうひとつのペルソナであるミス・モノクロームの個性を決定付けたナンバーです。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます