ポイントメイクのお直しにもコツがあります

ベースメイクだけでなく、ポイントメイクの崩れも気になりますよね。特に気になるのは、アイメイクやアイブロウメイクではないでしょうか?ポイントメイクもベースメイク同様、むやみに重ねるのは厳禁です。

パンダ目になってしまったとき、コンシーラーでカバーして、アイラインやマスカラを足していませんか?この直し方だと、目の下の色が濁ってお疲れ顔に…。さらに、ひじきまつ毛になりやすいので、仕上がりも美しくありません。

ここでも活躍するのが乳液です。綿棒に乳液を出し、目周りの滲みを拭き取りましょう。その後でコンシーラーを塗った方が、断然キレイに仕上がりますよ。

また、お直しのときにビューラーを当てるとカクンと折れたまつ毛になってしまいがち。ホットビューラーでカールアップさせるのがオススメです。マスカラは軽く重ねるにとどめ、ダマになってしまった箇所はコームでとかしましょう。

アイブロウは、何もついていない綿棒で全体の油分を取りましょう。こうすると、化粧ノリが良くなります。その上から眉を描くようにすると、マロ眉も脱出!お直しで眉がキレイに描けなかった方は、ぜひ試してみてください。

ちなみにチークはクリーム系を使うのがオススメです。乾燥した頬にも馴染みやすく、自然な血色感を演出できますよ。

バッチリお直しで、恋も上手くいきそう!

メイクが落ちたところを重ね塗りしていただけという方は、実はキレイにお直しができていなかったかもしれません。重ねればカバーできそうですが、むやみやたらに塗りたくると彼ウケも悪い残念な仕上がりに…。今回ご紹介したように、工夫しながら化粧直しをしてみましょう。

メイクしたてのような仕上がりでデートに行くと、彼も惚れ直しちゃうかもしれませんね。

女性の強い味方であるメイクですが、お直しテクニックもぜひマスターしてみてください。

美容ライター。スキンケア、ボディケア、ヘアケア、コスメなど美容に関することが大好きです。キレイになるのに年齢は関係ありません。いつまでもキレイでありたい。そういった思いに応えられる情報を発信していきます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます