朝起きて、寝ぐせを直したいときやドライヤーをかける前後、どんなスタイリング剤を使っていますか?

シュシュっと手軽に髪を濡らすことができる、霧吹き状のスタイリング剤を選ぶことって多いですよね。

霧吹き状のヘアスタイリング剤は、大抵が“ヘアミスト”もしくは“ヘアローション”ですが、ミストとローションの違いを気にせず使っている方は少なくないはず!

そこで今回は、ヘアミストとヘアローションの違いをご紹介。ヘアメイクアーティストchihoさんにうかがいました。

ここが違う!ヘアミストとヘアローション

chihoさん「ヘアミスト、ヘアローションどちらも頭髪の化粧水または美容液のことを指しています。

元々は同じ意味合いなのですが、商品化しているものを比較してみると、ミストは髪の毛向け、ローションは頭皮向けのものが多いんですよ」

ヘアミストの特徴

chihoさん「ヘアミストは洗い流さないトリートメントのひとつとして、髪の毛の保護・補修成分が多く含まれたものになります。

そのため、スタイリング効果が高く香りの良いものが多いため“髪の毛に対しての保護・補修を目的としつつ、スタイリング効果とフレグランス効果が高い髪の化粧水または美容液と考えるとよいですね。

水に有効成分が溶けているため、浸透力に優れていて使用後ドライヤーなどの熱を当てる事で効果が出やすいので、朝は寝癖直しに使うのも最適といえます。

油分が少ない為、使って物足りなさを感じる人は、他のトリートメントとの併用がおすすめです」

ヘアミストが合う髪質

chihoさん「ヘアミストを使うと、基本軽くさらさらな仕上がりになるので、オイルやミルクをつけると、髪の毛のボリュームがなくなってしまうような、細い髪質の方におすすめです。

ミストタイプのスタイリング剤を使うと、軽さのあるスタイリング剤のため、細い髪の方が使っても、ぺたんこにならないのですよ。

また、髪を乾かすときに熱から髪を守りたい方にもおすすめです。

私のおすすめのヘアミストは『プリュスオー ハイドロミスト』。

お風呂内で使うスペシャルケアとして、お風呂上がりのスタイリングにも使える多機能ヘアミストなんです。

お風呂では、シャンプーとトリートメントの間にブースター導入液として使うと、トリートメントの効果がアップするのでおすすめです。

お風呂上がりに使うときには、髪を乾かす前や寝癖直しに使うことで、毛の広がりやパサつきを抑えて、さらさらとツヤのあるストレートヘアにしてくれます。

それから、こちらもおすすめです。

『スティーブンノル プレミアムスリーク ハイドロリニュー ミスト リッチモイスト』は、髪の乾燥やパサつきを内側から補修してくれるうるおいトリートメントミストなんです。

スタイリングの下地はもちろん、こちらもドライヤーを使う前に最適!サラサラなのにしっとりまとまる指通りのよい髪になります」

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます