宮澤佐江

「そんなすごい場所で言わせてもらえるの!!?」

って、ママも私と同じ気持ちでした。「どうしよう、こっちが緊張しちゃう」って、言ってました。

うちのお兄ちゃんは、何も言わないタイプで。でも、発表した日は、「今日はお兄ちゃんも、まっすぐ家に帰って来るらしいよ。生放送、見届けたいらしい」って、ママ情報がきて。“いいヤツだなあ”って思いました(笑)

家族とは、年末年始、久々に一緒に過ごす時間がたくさんあったんです。すごく楽しかったな。

ーー怒濤の年末を過ごした後のお正月は、また格別なものだったんじゃないですか?

ここ数年で、一番楽しいお正月休みだったかもしれないなあ。

そして、今年の“仕事始め”は、この「ミラチャイ」取材で(編集部註:取材日は1/6)。あとはもう、何が起きても“楽しむだけ”という感覚でいます。

とにかく、今は最後まで、“SKEのために頑張ろう”って思ってるんです。この2年、
SKEでやってきて、“メンバーが、どうすれば一番いい環境で活動できるか”というのを、スタッフさんに伝えていきたいなって思っています。

卒業発表前だったら難しいかもしれないけど、私はもう“卒業する人”って、皆に知ってもらっているから。どんなに嫌われても、ワガママだと思われてもいいから、伝えていきたいな、って。

ーー卒業発表後のメンバーの皆さんのコメントを見て思いましたが、佐江ちゃんが“SKEのためにしてくれたこと”に感謝しているメンバーが、とっても多いようですね。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー