撮影:映美

2.5次元作品、ミュージカル『刀剣乱舞』 シリーズの刀剣男士・陸奥守吉行役や、『「僕のヒーローアカデミア」The“Ultra”Stage』で主人公・緑谷出久(みどりやいずく/愛称・デク)役を務めるなど、着実に人気と実力を伸ばしている俳優・田村心(たむら しん)さんが7月31日にキングレコードよりメジャーデビュー!

デビューシングル『君がいて欲しい』に収録されている2曲は、田村さんが歩んできた道が凝縮された歌詞になっているのだとか。

デビュー曲への想いや、俳優としてこれまで携わってきた作品について、今後挑戦してみたいことなど、たっぷりお話を伺いました。

俳優が歌う意味を考え……「気持ちを込めて歌いました」

――デビュージングルは、どんな楽曲になっているかお聞かせください。

田村:楽曲は自分に寄せて作っていただいたので、等身大の田村心を表す楽曲になっています。制作の段階から僕も交えていただいて、自分の意見が反映された作品になったと思います。

――それは歌詞についてということでしょうか?

田村:直接作詞はしていないんですけど、作詞家さんとお会いして今までどんなお仕事をしてきたのか、俳優という職業に対する自分の考えや、今後どうなっていきたいのか、漠然とした不安なども話し合って出来上がった歌詞になっています。

自分とリンクしている歌詞が多いので、僕のことを知ってくださっている方が聴いたら、いろいろ感じることがある曲だと思います。作詞家さんとお会いしてお話したのはカップリング曲の『Next Step』の方で、特に自分にリンクしているなと。

『君がいて欲しい』通常盤

――歌詞に“憧れのヒーロー”という言葉も出てきますね。

田村:僕は元々ヒーロー戦隊や仮面ライダーなど特撮が好きだったという話もしたので、“ヒーロー”というワードを入れてくださったんだと思います。

“代役”というのも珍しい歌詞だと思うんですけど、僕は代役をやっていたことがあったので、そういった僕のキャリアをみて、作詞家さんが入れてくださいました。

――『君がいて欲しい』の方は?

田村:『君がいて欲しい』は、最初はタイトルも歌詞も全部違ったんです。メロディーがすごく好きで、それを伝えたら「じゃあタイトルも歌詞も全部変えちゃおう」と変えてくださって。

『Next Step』の作詞家さんとの打ち合わせで話したことをスタッフさん同士が共有してくださって作った歌詞で、『君がして欲しい』にも共感できる部分があります。だから、2曲とも田村心を表した曲になっていると思います。

――初めてのCDジャケットとMVの撮影の感想は?

田村:ジャケット撮影は、監督からは「素のままでいいよ」というスタンスの撮影だったので、特に何も意識せずに、リラックスして撮影しました。MV撮影は、僕自身が映像作品の現場をまだあまり経験していないので、自分にとってはすごく新鮮なことばかりで、楽しく撮影ができました。

――MVを拝見して、可愛らしいというよりは、かっこいい等身大男性の表情を見せていたのが少し意外でした。

田村:本当ですか? MVも「素でいいよ」という感じだったので、あまり作らず撮影を行えました。

『君がいて欲しい』MV

――MVは、旅に出て自分自身と向き合う姿がテーマになっていますが、撮影で自分自身と向き合えましたか?

田村:海岸をひとりで歩いたり、海が見えるスタジオでひとりでぼーっとしたりするシーンもあったので、そういったところで自分と向き合えたかな、と思います。普段そういう時間はなかなかないので。

――爽やかなMVに仕上がっていて、夏にピッタリだなと感じました。

田村:そうですね、夏にピッタリです!

――レコーディングはいかがでしたか?

田村:レコーディングの経験は以前にもあったんですけど、すべてひとりで歌うということは今までなかったので、大変ではありました。でも、思いの外、緊張もせずにリラックスして臨めたかな、と思います。

――歌い方で意識されたことや、ディレクションはありましたか?

田村:特にないんですよね(笑)。本当に、特に(歌が)上手いというわけでもないし、昔からずっと歌のレッスンをしてきているというわけでもないので、アーティスト活動をしているプロの方に技術で勝てるかとか、横に並べるかと言ったら、絶対に無理だと思うんです。だから、そこは自分の気持ちが大事かなと思って。俳優が歌う意味ってそこかな、と思ったので、気持ちを込めて歌いました。

――それがよく反映されているからこそ、歌詞がとてもストレートに響いてくるのかもしれないです。素直に「いい曲だな」と思いました。

田村:ありがとうございます、そう言っていただけると嬉しいです……!