キャンプ初心者、本当にそろえたい道具は? 年間30泊のキャンパーが伝授

キャンプ道具は、どういう順序で揃えたらいい? 真っ先に買うべきものと、買わなくていいものは? キャンプは初めてという、子育てファミリー向けに、年間約30泊はキャンプをする、アウトドアライターが、詳しく解説。

night-09

キャンプ道具には、真っ先に買うべきものと、後回しでいいものがあります。

また、なるべく早い段階で揃えたほうがいいものと、楽しみ方が広がってからの購入で問題ないものがあります。

これからキャンプを始める、子育てファミリー向けに、年間約30泊はキャンプをする、アウトドアライターが、詳しく解説します。

テントはレンタルできるので後回しでいい

キャンプと言えば、誰もが真っ先に考えるのが、テントです。

が、テントの購入は、大きな買い物になり、ビギナーのうちは、良いテントを選ぶのが難しいので、後回しにしたほうがベターです。

大半のキャンプ場で、テントをレンタルできます。

様々なメーカーのテントを使ってみて、あるいは他キャンパーのテントを見て、自分たちに合ったテントを見つけてからの購入で、遅くありません。

最も重要なのは寝心地!

キャンプの快適さを決める要因として、もっとも大きいのが、寝心地です。

基本的に、地面の固さを感じる状況で眠るため、「翌朝になったら体がバキバキに痛い」「よく眠れず、睡眠不足」などの事態になりやすいのです。

特に、子どもの場合、睡眠不足だと、機嫌が悪くなりやすいので、怒られてばかりになり、結果として悪い思い出になってしまった、ということにもなりかねません。

マットやシュラフ(寝袋)も、レンタルを用意しているキャンプ場が多いですが、正直なところ、寝心地の良いものを揃えているケースは、稀です。

1. マットはエアーベッドがおすすめ

コールマン「デュラレスト™ エアーベッド(グランデ/クイーン)」。大人2名が眠れるビッグサイズコールマン「デュラレスト™ エアーベッド(グランデ/クイーン)」。大人2名が眠れるビッグサイズ

最重要アイテムは、床に敷くマットです。

なんと言っても地面で眠るわけですから、ケチらずに、インフレーターマットなど、クッション性の高いものを選んでください。

おすすめは、エアーベッド。

数年前までは、エアーベッドというと、重くてかさばるので、なかなかキャンプギアとして選択肢には上がりにくかったのですが、現在は優れたアイテムがあります。

コールマンの「デュラレスト™ エアーベッド」シリーズ。

グランデ/ツイングランデ/クイーンは、なんと40cm近い厚みで、最高の寝心地。

地面の固さはもちろん、冷えもシャットアウト。

空気を抜いた状態のデュラレスト™ エアーベッド(グランデ/クイーン)。今までではありえないコンパクトさ空気を抜いた状態のデュラレスト™ エアーベッド(グランデ/クイーン)。今までではありえないコンパクトさ

それでいて丈夫で、空気を抜くと、信じられないくらいコンパクトになります。

2. シュラフ(寝袋)を購入するメリット

シュラフは、¥3,000程度から、安価なものが多く出回っているので、買ってしまっていいでしょう。

選ぶポイントは、シュラフの快適温度。

真夏しかキャンプをしないつもりなら、薄手のものでかまいません。

自宅で「キャンプごっこ」ができるのが、購入するメリットです。

シュラフの使い心地、寝心地を確かめておければ、子どもはもちろん、お父さんお母さんも安心ですよね。

また、ちょっとしたテクニックですが、自宅で日常的に使っている枕を、キャンプに持ち込むと、安眠しやすいので、ぜひお試しください。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント