東北ずん子ちゃん、待望のアニメ化が実現!「あにめたまご2017」4作品の概要と制作団体が発表

2016.6.6 12:15

「あにめたまご2017」のアニメ受託制作団体と作品が発表され、東北ずん子出演のアニメなど4作品の制作が決定しました。

東北ずん子公式サイトより東北ずん子公式サイトより

平成28年度の文化庁若手アニメーター等人材育成事業「あにめたまご2017」のアニメ受託制作団体と作品が発表され、東北ずん子が出演する「ずんだホライずん(仮)」など4作品の制作が決定しました。

「あにめたまご」は、社団法人日本動画協会が行う若手アニメーターたちを実践的に育成していくアニメプロジェクト。2010年度より「PROJECT A」の名称でスタートし、2011年度からは「アニメミライ」、そして2015年度より「あにめたまご」として実施されています。

制作が決定した団体及び作品は、スタジオコメット制作「ちゃらんぽ島の物語(仮)」、STUDIO4℃制作「RedAsh -Magicicada-(仮)」、日本アニメーション制作「玄蕃之丞狐(仮)」、そしてワオコーポレーション・スタジオライブ・SSSの3社制作の「ずんだホライずん(仮)」の4団体・4作品。2013年度制作「黒の栖-クロノス-」及び2015年度制作「UTOPA」と過去2作品を手がけているSTUDIO4℃以外はすべてプロジェクト初参加となります。

魅力的な作品が発表された中、特に注目を集めているのが、ワオコーポレーション・スタジオライブ・SSS制作の「ずんだホライずん(仮)」。このアニメでは、ずんだ餅をモチーフにした東北のキャラクターとして有名な東北ずん子の出演が決定。また監督を「モーレツ宇宙海賊」アニメキャラクターデザインほか様々なアニメ作品に参加している竹内浩志さんが担当することも決定しています。

毎年劇場での特別上映会やテレビでの放送が行われている若手アニメーター育成プロジェクトのアニメ作品。アニメとなった東北ずん子を見る日は近いかもしれませんね。

制作団体及び作品

会社名:㈱スタジオコメット
作品名:ちゃらんぽ島の物語(仮)
監督:三沢 伸
プロデューサー:小竿 俊一

会社名:㈱STUDIO4℃
作品名:RedAsh -Magicicada-(仮)
監督:佐野 雄太
プロデューサー:久江 由華
※3DCG作品

会社名:㈱日本アニメーション
作品名:玄蕃之丞狐(仮)
監督:堂山 卓見
プロデューサー:古久保 悠

会社名:㈱ワオコーポレーション+㈱スタジオライブ+SSS合同会社
作品名:ずんだホライずん(仮)
監督:竹内 浩志
プロデューサー:青木 清光/奥津 咲子
※3社で1団体としてのご応募

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント