一生に一度は行きたい!「夢の吊り橋」

寸又峡「夢の吊り橋」。紅葉の季節など、ハイシーズンは長蛇の列ができるほどの人気スポット寸又峡「夢の吊り橋」。紅葉の季節など、ハイシーズンは長蛇の列ができるほどの人気スポット

寸又峡と言えば、絶対に外せないのが、「夢の吊り橋」です。

わざわざ、夢の吊り橋のためだけに、寸又峡を訪れる人が後を絶たない、「一生に一度は行きたい」超人気スポット。

紅葉の季節をはじめ、行楽シーズンには、定員10名の「夢の吊り橋」を渡るために、長蛇の待ち列ができます。

実際、渓谷の散策ルートを歩いていて、深く青緑を湛えた大間ダムが目に入ると、ハッと息を呑む感動があります。

思わず息を呑むほどの青さは、チンダル現象のため。わずかな微粒子が溶け込んだきれいな水は、波長の短い青い光だけが反射され、着色して見えることがある思わず息を呑むほどの青さは、チンダル現象のため。わずかな微粒子が溶け込んだきれいな水は、波長の短い青い光だけが反射され、着色して見えることがある

ちなみに、寸又峡美女づくりの湯観光事業協同組合のホームページに解説がありますが、水の色が青いのは、チンダル現象によります。

水が綺麗すぎて、その中にわずかな微粒子があると、波長の短い青だけが反射されるのだそう。

自然の驚異を目の当たりにできる、貴重なスポットなのです。

幼児・小学校低学年で、休憩込み2時間が目安

トンネルを発見|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナードトンネルを発見|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード

晴耕雨読ヴィレッジ」に宿泊するなら、絶対に行ってみたい「夢の吊り橋」。

幼児や、小学校低学年でも行けるの? と気になる方も多いはず。

4歳の息子と一緒に、散策ルート「寸又峡プロムナード」を歩き、時間を計測してみました。

すると、やきいも休憩(約20分)、尾崎坂展望台休憩(約10分)を挟み、トータルで、1時間50分で完歩できました。

ただし、4歳とはいえ、年間30泊はキャンプをする野生児である点は、さっ引いたほうがいいかもしれません。

アウトドアへの慣れ具合や、日常の脚力、その子の個性次第では、大幅な増減も考えられます。

ですが、だいたい2時間もあれば、ゆっくり歩いていても、まず1周できるくらいの距離です。

飲み物とおやつを持参すべし

服装は、動きやすい格好であれば、普段着で問題ありません。

虫を避けたい場合は、山歩き全般に言えることですが、長袖が無難です。

靴は、運動靴がいいでしょう。ビーチサンダルや、ハイヒールは、怖い思いをする可能性がありますし、なにより疲れるので、おすすめできません。

持ち物で必須なのは、水分補給のための、飲み物。

ペットボトルで構わないので、必ず買っていきましょう(寸又峡内の商店や自動販売機で購入できます)。

子連れの場合は、疲れてしまったときのために、おやつも少々あると、なにかと安心できます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます