%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-9-01-08

毎年12月第1週日曜日に神奈川県で『第11回 湘南国際マラソン』が開催されます。相模湾に沿ったコースは大きなアップダウンがなく、スピードコースとして記録更新を目指すシリアスランナーからも人気。

そのため、エントリーはいわゆる“クリック合戦”になるほどです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-7-50-57

大会はフルマラソン・ハーフマラソン・10km・ファミリーランと複数種目に及びますが、今回私はフルマラソンを走ってきました。

コースから見えた景色やランナーの姿などをレポートしますので、ぜひご覧ください。

思いがけない暑さとの戦い

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-9-01-08

大会当日は気持ちの良い晴天。青空の下、千葉真子さんや、はるな愛さんなどゲストのみなさんに見送られてスタートしました。

気温は朝の時点で10度を軽く超えており、スタート前から「これは暑くなりそうだ」などという声がチラホラ。確かに半袖Tシャツでも十分な感覚です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-11-12-18

30kmほどの地点だったでしょうか。ふと目に飛び込んできた気温表示を見ると、なんと16度。

冬場とは思えないほど汗だくになり、ランナーも思いがけない暑さに苦戦している様子が伺えます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-9-26-13

着ぐるみを着た仮装ランナーもいましたが、きっとレースを終えることには蒸し風呂状態だったのではないでしょうか。頭部の被り物だけでも苦しそうです。

私も走り終えたときには、顔中が汗まみれでベトベトになっていました。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!