撮影:小林裕和

俳優として、舞台や映画などを主戦場に活躍する染谷俊之さん。いわゆる“2.5次元”と呼ばれる作品でも、大きな存在感を示している。

今回、写真集『月刊 染谷俊之×小林裕和』を発売し、また新たな顔を見せてくれた彼にインタビューを敢行。俳優としてのスタンスやこれからの展望を語っていただいた。

“2.5次元舞台”に出演したきっかけ

―― 今回、写真集『月刊 染谷俊之×小林裕和』が発売されました。カメラマンの小林裕和さんが舞台『刀剣乱舞』で染谷さんを観て、ラブコールを贈り実現した写真集とのことですね。

今でこそ“2.5次元舞台”と呼ばれている舞台に長年出演されていると思うのですが、もともと舞台俳優を目指していたんでしょうか?

染谷 特に舞台俳優になりたい、と決めていたわけではなかったです。舞台は好きですけど映像もやりますし……。もともとエキストラなどから始めて、コツコツ下積みをしながら俳優を目指していました。

―― 初めて“2.5次元”と呼ばれる舞台作品に出演したのはいつでしょう?

染谷 『遙かなる時空の中で2』というゲーム原作の舞台に出演させていただいたのが、初めてだったと思います。そのときは“2.5次元”という言い方もなかったし……最近ですよね、そういう言い方をし始めたのって。僕が『テニミュ』(ミュージカル『テニスの王子様』)に出始めた頃も、まだそういう言い方はしてなかったな。

―― 2.5次元舞台では「キャラクターを演じる」というのが特徴だと思うんですが、初めはキャラクターを演じることについてはどう思いましたか?

染谷 きっと原作を好きなファンの方が舞台を見に来てくれているので、その期待を裏切りたくないなと思いました。そういうプレッシャーは、最初の頃はすごく感じていましたね。もちろん今もプレッシャーはあるんですけど……。

『月刊 染谷俊之』より 撮影:小林裕和

―― 舞台で演技をする上で、一番気をつけていることとは何でしょう?

染谷 僕の中で、舞台作品を2.5次元とか3次元とか、そういう区別をしてなくて。だから「2.5次元だからこうする」っていうのは特にないんですけど……。原作がある作品に関しては、原作を勉強して「作品を愛する」ということが大事なんじゃないかと思ってます。

舞台の都合上原作通りできないことや、原作にある言い回しや演出が、舞台演出上公開をなさないときなどは、原作から変えることもあるんですよ。でも、そういう改変は、愛があればオッケーだと僕は思うので……。

舞台は舞台なりの良さ、原作には原作の良さがあって、そこは違うものだと思っています。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます