撮影:稲澤朝博

個性的な真田十勇士が戦いを繰り広げる、霜月かいり先生の漫画『BRAVE10』が舞台化。主人公の伊賀忍者・霧隠才蔵(きりがくれさいぞう)を『仮面ライダー響鬼』や『仮面ライダー電王』に出演、最近では舞台でも活躍中の俳優・中村優一さんが演じます。

BRAVE10』は、20111月号までコミックフラッパーにて連載され、月刊コミックジーンで連載された第2部『BRAVE10 S』(ブレイブテン・スパイラル)が同誌2016年4月号で完結。その後もスピンオフ作品『BRAVE10 ~戯~』が展開されるなど、シリーズを通して根強い人気があります。2012年にアニメ化も果たした本作が、今度は舞台となって628日(水)より上演。才蔵たちが舞台上でぶつかりあいます!

「アクションの多い作品に出たかった」と語る中村さん。原作の印象や好きなキャラクター、舞台に向けての意気込みを伺いました。

2月に出演された舞台『天照アマテラス』を観劇したことを伝えると、「ありがとうぴょん、嬉しいぴょん」と役柄のウサギ風に返してくれたお茶目な中村さんですが、アクションをやりたいと思ったきっかけや舞台の魅力を語る言葉に、真面目さとひたむきさがにじみ出ています。

鎌之介と絡むシーンは楽しそうだな、と思っています

――『BRAVE10』の原作を読んだ印象は?

中村:登場人物が1人ずつ増えていく飽きない展開で、最後の方はバトルが見どころだと思いました。僕は6巻~8巻が大好きです。最初は、6巻あたりからラストスパートがかかって、どうやって伏線を回収してラストに向けていくのか心配になったんですけど、まったく飽きず、興奮しながら1ページ1ページめくって。純粋に楽しかった、面白かったという気持ちでした(笑)。

――アクションシーンも多いので、男性も楽しめる作品ですよね。

中村:僕もそう思いました。舞台の発表をした時に女性の反響も多かったので、女性向けの作品なのかなと思っていたのですが、全然そういうことはなく、性別も年齢も関係なく楽しめる作品だと思います。ちょっとアナスタシアのところは過激な部分があるので、僕は少し恥ずかしくて「ニヤッ」としながら読みましたけど(笑)。

キャラクターも個性があって服装もユニークで魅力的ですし、かいり先生はすごく細かく描かれているので、想いの強さが漫画に現れているなと感じました。全巻読みましたけど、細部のこだわりまでまだ全然読み込めていないので、もっともっとかいり先生の描いたものをちゃんと自分の中に入れなきゃな、と思っています。

――好きなシーンはどこですか?

中村:才蔵に絡む伊佐那海(イサナミ)が好きで(笑)。才蔵についていく伊佐那海が可愛くて、そういうシーンが好きです。

あとは鎌之介が、才蔵に戦おうとか構って欲しくて吹っかけていくけどあまり相手にされないところが面白いです(笑)。佐助のクスッって笑っちゃうところも可愛くて好きですね。

――舞台で共演するのが楽しみなキャラクターは誰ですか?

中村:鎌之介と絡むシーンは楽しそうだな、と思っています。鎌之介のことは、なんだか嫌いになれなくて。最初は「嫌なやつが来たな」って印象で、戦って終わるのかと思ったら、ついてくるのが意外でした。

何回も何回も才蔵に向かってきて、嫌だ嫌だと思っていても、最後はなぜか好きになっちゃう、っていうのが鎌之介で。僕の中では鎌之介の印象がすごく強く残っていて、好きですね(笑)。

あとは六郎も最後カッコイイですし、みんな魅力的だなと思います。

――ビジュアル撮影の感想を教えてください。

中村:やっぱり外見が変わると、中身もだんだん才蔵に近づけたような気がして、気持ちが高まりますね。撮影では、かいり先生も側で見てくださって、ポーズや仕草を「こうした方がカッコイイね」とアドバイスをしていただけました。

原作者の方に近くでビジュアルを見ていただく機会ってなかなかないじゃないですか。先生が近くにいて心強かったなと感じました。

――原作者の方に見られるのは、プレッシャーを感じませんでしたか?

中村:めっちゃ緊張してドキドキしました。けれど、かいり先生がすごく優しく素敵な方だったので、会ったらそこまで緊張せず、逆に「いろいろ指導お願いします!」とお願いしました。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます