宮澤佐江

ーーさあ、佐江ちゃん。今回もよろしくお願いします。

よろしくお願いします!

ーー今回の更新は5/26(金)です。5月は新緑の季節ともいいますが、下旬ともなると、日ごとに夏の気配を感じるようになりますね。

そうですねぇ。

ーー今回の取材は、佐江ちゃんが舞台『王家の紋章』の大阪公演にご出演中ということもあって、通常ですと1回の取材で連載2回分のお話をお聞きするのですが、今回は、連載3回分のお話をお聞きしています。(第21回第22回

はーい!!

ーー今回の写真ついては、3年前も同じ場所で撮影をしたことがありましたね。あの撮影がもう3年前とは、月日の経つのはなんとも早いものです。あの頃はちょうど、舞台『AKB49』の出演が決まった頃でしたね。(第76回第77回第78回第79回

ああ!! あの頃ですね。

ーー3年前のあの頃は、3年後の“今の自分”を想像していましたか? グランドミュージカルに出演して、帝劇など、大きな舞台に立っている“今の自分”。

3年前に? 今の自分を??

“卒業”についてはもちろんそのときから考えていたけれど、“帝国劇場”という言葉は、頭の片隅にも全くなかったです。

帝国劇場は、平均点以下の自分のような人が立てる場所だとは、思っていなかったから…。それは今も思っていることで…。それだけに、帝国劇場は夢にも見ていなかったステージだったというか。

ーーとすると、今は、3年前の自分が全く想像していなかった未来に立っている、という感じ?

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー