世界観客動員数800万人を超える、和太鼓エンターテイメント集団「DRUM TAO」が、新作ステージ『光』の東京公演を2021年7月3日、TOKYO DOME CITY HALLでの公演を皮切りに開催する。東京アラウンドツアーと称し、都内6会場8公演を予定している。DRUM TAOのメンバー3人がオンライン取材会で、公演への意気込みを語った。

「ファンや関係者の皆様に感謝をする一年でした」。

メンバーの岸野央明はコロナ禍での活動を振り返る。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、3班600公演が中止になり、メンバー7人が感染するなど、存続の危機に陥った。しかし、ファンの応援や関係者の尽力で、7月からは公演を再開し、3班274回公演を上演。また、大分県竹田市に野外劇場「TAOの丘」をオープンさせ、多くの来場者が足を運んでくれる状況に励まされたことから、岸野は「新作舞台『光』では、それらの感謝を一つのテーマにして創作しました」と語る。

メンバーの江良拓哉も「僕たちにできることは演奏することしかできないんですけど、僕たちの演奏を通して、少しでもたくさんの方に元気や勇気をもらったと思ってもらえたら。みなさんにとって僕たちが『光』と感じてもらえるような作品を作りたいです」と意気込みを話す。

5月からツアーが始まった新作『光』は、ほぼ新曲で構成されており、コシノジュンコがデザインしたカラフルな衣装も見どころの一つ。

メンバーの麓大輔は作品について「より良い作品を作るために、毎公演ごとに内容を変更しています。一度見た人も『ここが変わっているな』とまた楽しめる。これからも作品が進化していくのだろうなと思います」と語り、衣装に関しては「いろいろな種類の衣装があるのですが、イタリアの刺繍で作られたスカートは、重厚感があって、好き」という。

取材会の終わりに岸野は「僕ら自身の2021年のテーマが『それでも、前に、進む!』と掲げていまして、2021年の新作『光』の作品にもそのメッセージが込められています。今九州でツアーをやっていますが、『元気が出ました』、『明日からまた頑張ります』といった嬉しい感想をいただいています。きっと東京でもそういった感想をいただけると思いますので、ぜひ会場にお越しください!」とコメントをした。

東京アラウンドツアーの詳細は以下の通り。
▼7月3日(土)17:00開演、TOKYO DOME CITY HALL
▼7月4日(日)15:30開演、大田区民ホール・アプリコ大ホール
▼7月6日(火)13:00開演 / 17:00開演、なかのZERO大ホール
▼7月8日(木)18:00開演、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
▼7月10日(土)15:00開演 / 18:30開演、北とぴあ さくらホール
▼7月11日(日)15:30開演、ティアラこうとう 大ホール。
チケット発売中。

取材・文:五月女菜穂

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます