中村亮土 (C)JRFU

10月22日、『リポビタンDチャレンジカップ2021』の前日練習・キャプテンズランが行われた。日本代表のCTB中村亮土副将、SH流大、HO庭井祐輔がオーストラリア戦へ向けて意気込みを語った。

中村「スキルも高くフィジカルも強いが、何よりもラグビーの理解度が高い。『ザ・ラグビーチャンピオンシップ』を見ても相手のちょっとした隙を突くのがうまいなと感じた。毎試合ジャパンのスタイルとしてあるのでボールインプレ―を長くするのは目指したい」
流「ワラビーズは好調だが、短いながらいい準備はできているので、勝つための準備をしていきたい。声を出してチームを束ねることとFWをどんどん動かすこととゲームプランを遂行することをしっかりやってチームの勝利に貢献したい」
庭井「ちょっとした緊張と楽しみでいっぱい。自分の立ち位置も考え、最後のチャンスだととらえて、僕自身もチームもいい準備ができたと思う。スクラムは結構充実している印象があるので、それをしっかり試合で出したい。強い相手だが勝ちたい」

中村と流は帝京大の後輩・SO松田力也とのコンビネーションについて問われた。
中村「ずっと(田村)優さんが出ている中しっかり準備してきた状態でのチャンスなので、彼が思い切り余分なストレスなくいい環境でプレーできるようにコミュニケーションの部分でサポートしたい」
流「(松田)毎日ゲームプランとシチュエーションごとの確認ができている。長年やってきているのでお互いのやりたいことはわかっている。お互いにコミュニケーションを取ってやれば問題ない。力也は走れるので、ラインブレイクを狙えると思う。力也の声を聞いてしっかり力也を生かせるように9番としてプレーできればと思っている。日本がやるべき速いラグビーを引っ張っていくことと正しいエリアで戦えるように9・10番で考えていきたい」

リーチ マイケルがケガのためにリザーブから外れたが、流は「残念ではあるが、リーダーはいっぱいるし、影響はないと思う。とっくん(德永祥尭)もいい選手、試合には何も影響はない」とキッパリ。

【日本代表試合登録メンバー】
1稲垣啓太、2坂手淳史、3具智元、4ジャック・コーネルセン、5ジェームス・ムーア、6ベン・ガンター、7ピーター・ラブスカフニ、8姫野和樹、9流大、10松田力也、11シオサイア・フィフィタ、12中村亮土、13ラファエレ ティモシー、14レメキ ロマノ ラヴァ、15セミシ・マシレワ、16庭井祐輔、17クレイグ・ミラー、18ヴァル アサエリ愛、19德永祥尭、20テビタ・タタフ、21齋藤直人、22田村優、23ディラン・ライリー

『リポビタンDチャレンジカップ2021』日本代表×オーストラリア代表は10月23日(土)・昭和電工ドーム大分にてキックオフ。チケットは残りわずか。試合の模様は日テレ系にて生中継。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます