比嘉暢子役の黒島結菜

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。沖縄の本土復帰50周年の節目に合わせ、復帰前の沖縄で四人兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン比嘉暢子が上京し、沖縄の家族に支えられながら料理人の道を目指す50年の物語が繰り広げられる。ここまで視聴者を魅了してきた沖縄のおいしい料理の数々や、美しい自然と並ぶ本作の注目ポイントが、四兄妹を演じる豪華キャストの顔ぶれだ。子役を中心に進行した2週が経過し、いよいよ来週からヒロイン暢子役の黒島結菜をはじめ、兄妹役の竜星涼、川口春奈、上白石萌歌が本格的に活躍することになる。制作統括を務める小林大児氏が、撮影の舞台裏やドラマの見どころを語ってくれた。

-まず、ヒロインの暢子役をオーディションで選ぶのではなく、黒島結菜さんに直接オファーをした理由を聞かせてください。

 脚本の羽原大介さんと一緒に暢子のイメージを話し合う中、他の土地とは違った特色を持つ沖縄が舞台ということで、沖縄出身の方に演じてもらった方が、安心してお任せできるだろうという話になりました。黒島さんはシリアスな役柄でも、コミカルな役柄でも、魅力的に表現していただける女優さんで、ある種のオーラもまとっている方です。さらに、沖縄出身ということで、沖縄独特の空気感も体現していただけるだろうと。そんなことから、暢子役は黒島さん以外に考えられない、という結論に達しました。

-実際に現場で感じた黒島さんの魅力を教えてください。

 朝ドラのヒロインって、せりふ量がものすごく多いんです。それをきちんと覚えているだけでもすごいのに、黒島さんはその苦労を感じさせず、常にゆったりとした感じでスタジオの前にいらっしゃるんです。それこそ、“沖縄的”とでもいうような空気感で。それは撮影を始めてみて、改めてすごいと感じた部分です。きっと、見えないところで努力していらっしゃるんでしょうけど、それを見せない点も含めて、暢子に似ている気がします。ご本人も取材などで「のんきでポジティブな暢子の影響を受けているところが若干あるかも」とおっしゃっていましたし。そういう大らかな人柄がこのチームを引っ張ってくれているので、とてもありがたく思っています。

-黒島さんがスタッフ全員に手製の名札を配ったそうですが、現場の雰囲気はいかがでしょうか。

 スタッフ一人一人に名札を作ってくださったように、黒島さんが積極的に交流を図ってくださっているおかげで、誰もが居心地のいい現場になっています。これも現場でご一緒して初めて分かったことですが、黒島さんは「演じる」ということだけでなく、「一つの作品を皆で作るユニットの一人」という楽しみ方が性に合っているようなんです。だから、カメラマンにも、照明担当のスタッフにも、気軽に声を掛けてくださいます。彼女にとってそれは「垣根を越えて」みたいな改まった話ではなく、「同じチームの仲間だから」というだけのことなんです。ロケ現場でも、スタッフのちょっとした仕事を、いつの間にか手伝ってくれているなど、チームの一員として気軽に過ごしてくださっているので、僕らとしても親近感が生まれますし。おかげで、現場の雰囲気もとても和やかです。

-今回はヒロインの暢子だけでなく、兄妹役にも魅力的な俳優の方々がそろいました。四兄妹を演じる皆さんの雰囲気はいかがでしょうか。

 暢子の兄妹も、竜星涼さん(兄・賢秀役)、川口春奈さん(姉・良子役)、上白石萌歌さん(妹・歌子役)という豪華な顔ぶれの皆さんに演じていただきます。昨年の11月から12月にかけて沖縄ロケを行った際、4兄妹が初めてまとまった時間を一緒に過ごす機会がありました。コロナ禍なのでマスクを着けたままでしたが、撮影の合間にそれぞれの役柄について気軽におしゃべりするなど、積極的にコミュニケーションを取っていました。沖縄の開放的な空気も手伝って、皆さんが距離を縮めるきっかけになったのではないかと思います。おかげで、スタジオ撮影に戻ってからも、すっかり家族のような空気が出来上がっていて、誰かが面白いことを言うと、すかさず他の誰かが突っ込む、みたいないい雰囲気で盛り上がっています。

-現場で印象に残った四兄妹のエピソードはありますか。

 クランクインして間もない頃、四兄妹の皆さんがコミカルなお芝居をまとめて撮影する機会がありました。そういうお芝居は、相手役との会話のキャッチボールの中でより魅力を増していくものなんですけど、皆さんを見ていたら、テンポや間合いに対する勘がものすごくいいんです。お互いに絶妙な間合いで演じてくださるので、行間からにじみ出すユーモアのニュアンスが、脚本段階でイメージしていたものよりもさらに際立ち、よりくすっと笑えるものになりました。皆さん、役柄のことも相当考えて準備してくれているようですし、すごくありがたかったです。

-物語的にも暢子だけでなく、兄妹それぞれのドラマが描かれていくそうですが、その見どころを教えてください。

 暢子は沖縄を離れた後も、故郷に残る兄妹とお互いの人生を共有していきます。暢子が上京し、新たな人々と出会いながら料理人の夢を追う一方で、海や山など素晴らしい自然を背景に、やんばるに残った家族もそれぞれに生き生きとした人生模様を繰り広げます。恋や将来への不安といったそれぞれの青春が、涙も笑いもたっぷりに描かれます。今までご覧いただいた方だけでなく、これからご覧になる方にも楽しめるように作っていますので、ぜひ多くの方にお楽しみいただければと思います。

(取材・文/井上健一)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます