明治座創業150周年、ももいろクローバーZ結成15周年を記念して「第2回 ももクロ一座特別公演」が明治座にて上演される。オリジナルミュージカルとライブの二部構成となるが、ミュージカルの座長を務めるのは玉井詩織。本番に向けて稽古が進む中で、玉井が意気込みを語った。

当初、2021年に予定されていたがコロナ禍で延期となり、2年を経てようやく“玉井座長”が実現することに。「2019年の第1回公演では佐々木(彩夏)が座長を務めていて、その重みを横で見ながら感じていたので今回、自分がやるとなった時、正直、不安でした。学生時代も委員長になるようなタイプじゃなく、どちらかというと副委員長とかをやることが多かったので…(笑)。真ん中で自分が引っ張るのは得意じゃないですが、変に気負わず、みんなが良い雰囲気でできるように務められたらと思います。佐々木の姿と、外部の舞台で三宅裕司さんが座長をされているのを見ていて、2人に『(座長として)どうしたらいいのか?』と聞いたら、共通して『おいしいものを差し入れとけばいい』って(笑)。たしかに食べ物によるモチベーションってすごくあると思うので、みんなが『頑張ろう!』と思えるものを差し入れたいと思います!」

“大江戸ミュージカル”と銘打たれた「CHANGE THE FUTURE!~未来を変えろ~」は全編オリジナル楽曲によるミュージカル。総合演出を務めるのは「踊る大捜査線」で知られる本広克行。映画「幕が上がる」をはじめ、ももクロの様々な初挑戦に寄り添ってきた存在であり「右も左もわからない未熟な私たちに芝居を教えてくれた」と全幅の信頼を寄せる。
「今回のミュージカルもきっかけは私だったらしく、ある番組で『今後挑戦したいこと』を聞かれて、なんとなくいつかミュージカルをやってみたいと言ったら、いつの間にか明治座でミュージカルをやらせていただくことに決まってました…(笑)。監督から『しおりんがすごいこと言うから大変だよ!』って言われたけど、明治座でとは言ってないですから!」と苦笑しつつ「今回も『いつものしおりんじゃない部分を出したいんだよね』と言ってくださっていました」と語る顔は楽しそうだ。

現在28歳。人生の半分以上の時間をももクロとして過ごしてきたが、この15年を「感覚としてはあっという間」とふり返る。「いろんな選択肢がある中で、『続ける』という選択したことは自分自身、誇れることだと思います」と胸を張り、公演に向けて「『2年待ってよかった』と思っていただける作品を届けられたらと思います!」と力強く意気込んだ。

取材・文:黒豆直樹

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます