撮影:宮川舞子

新国立劇場ではいま、『東京ローズ』の稽古が進行中だ。小川絵梨子演劇芸術監督が打ち出したフルオーディション企画、その第6弾にして初のミュージカルである。稽古場には936名の応募者の中から選ばれた6人の俳優たち──飯野めぐみ、シルビア・グラブ、鈴木瑛美子、原田真絢、森加織、山本咲希の姿。冒頭のナンバー「ハローアメリカ」を力強く歌う彼女たちは、キャリアも個性も様々だ。が、彼女たち全員が向き合っているのは、アイバ・トグリ(戸栗郁子)という一人の女性。日本軍が第二次世界大戦中に行った連合国側向けプロパガンダ放送に携わった女性アナウンサー、「東京ローズ」の一人として名乗り出た唯一の人物だという。

女性を中心としたメンバーによる英国の演劇集団BURNT LEMON THEATREが、2019年にエディンバラで初演、注目された本作。日本初上陸となる今回の舞台は、小川芸術監督自らが翻訳、気鋭の藤田俊太郎が新たに演出を手がけると話題に。しかも、もともと一人の俳優が演じたヒロインを、6人の俳優たちがリレー形式で演じていくという藤田のアイデアは実に挑戦的で魅力的だ。

「懺悔させろ!」という声が響く中、国家反逆罪の疑いで裁かれるアイバが姿を見せる。米国人として誇りを持って生きてきたはずの彼女。検察側も弁護側の人々も、別の場面ではヒロインを演じる俳優たちだ。時間はそこから一気に遡り、戦争に翻弄され続けてきた彼女の人生が語られてゆく。最初期のアイバは若手の山本咲希。輝かしい未来へのワクワク感を隠しきれない、屈託のない笑顔が美しい。両親を演じる飯野めぐみ、シルビア・グラブも、いずれアイバとしてこの場に立つ。それぞれの時代のアイバは、どんな思いで、どんな姿勢で戦中戦後を生き抜くのか、目が離せない。

藤田の言葉は、穏やかで明快で、そこはかとなく温か。「この表現は、研究しましょう」、「そこに辿り着くために、これはいまのうちに解決しておきましょう」──。アイバの人生の様々な局面を、6人の俳優の演技をもってより丁寧に、きめ細やかに表現したいという藤田の思いが、随所に滲む。争いのニュースが絶えないいまこそ、体験すべき舞台となるだろう。

公演は12月7日(木)から24日(日)まで、新国立劇場 小劇場にて。チケットは発売中。

取材・文:加藤智子

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます