劇作家・演出家の永井愛率いる二兎社が、沢口靖子、生瀬勝久ら豪華俳優陣を迎えて『パートタイマー・秋子』を上演する。
本作は永井が20年前に劇団青年座に書き下ろし、高畑淳子の主演で再演を繰り返してきた、今回は、永井愛自らが演出を手がけ、現代の日本を舞台にした新しい作品として蘇る。稽古を前に、ヒロイン・秋子をつとめる沢口靖子と永井愛に話を聞いた。

お馴染み『科捜研の女』をはじめ、映像を中心に活躍する沢口が二兎社の舞台に登場するのは、2011年の『シングルマザーズ』以来2度目。「永井さんが膨大な資料をもとに、登場人物1人1人について丁寧にお話して下さるのが私にとっては新鮮で。ぜひまたご一緒したいと思っていました」と振り返る。一方の永井は、「沢口さんは台本に付箋をびっしり貼って、わからないところをどんどん質問されるんですよ。すごく真面目な方ですけど、ちょっと天然な魅力もあり、そのバランスが絶妙で面白いと思いました」と当時の沢口の印象について語った。

セレブな主婦だったにもかかわらず、夫の会社の倒産により、スーパー「フレッシュかねだ」でパートとして働くことになった秋子(沢口)は、それまで縁のなかった“ディストピア的世界”に身を置くことになる。永井は「スーパーではこんな不正が行われていますよ、と訴えることが目的ではない。この作品には、今私に見えている世界が投影されているんです。初演から20年経っても、格差、フェイクの横行、モラルの崩壊といったことは、是正されるどころか増大していると感じます。そうしたことに抗いながらも巻き込まれていく人間の姿は、いつの時代でも“普遍的かつ緊急”のテーマとなり得るので、上演する意味があると思いました」と再演の意図を語った。

観客へのコメントを求められると、「誰もが訪れるスーパーの、その控室で物語が展開します。人間の尊厳や良心が損なわれる世界は、案外身近にあるのかもしれません。こんな時、あなたならどうしますか? と問いかける社会派コメディです」と沢口。永井は「スーパーで働いている沢口さんを想像してみてください。あまりにも場違いな感じがしておかしいでしょう?(笑) 舞台でしか観られない、皆さんが知らない沢口さんをぜひ観に来てください」と締めくくった。

公演は2024年1月12日(金)~2月4日(日)東京芸術劇場シアターウエストほか、全国各地で。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます