妻夫木聡/スタイリスト:小松 嘉章(nomadica)、ヘアメ-ク:勇見 勝彦(THYMON Inc.)渡辺謙/スタイリスト:JB、ヘアメ-ク:倉田 正樹(アンフルラ-ジュ) 衣装協力 BURUNELLO CUCINELLI

 妻夫木聡と渡辺謙が主演するテレビ東京開局60周年特別企画ドラマスペシャル「生きとし生けるもの」が5月6日に放送される。北川悦吏子氏が脚本を担当した本作は、人生に悩む医者と余命宣告された患者の2人が「人は何のために生き、何を残すのか」という永遠の問いの答えを求めながら各地を巡るヒュ-マンドラマ。

 このほど、人生に悩む医者・佐倉陸を演じる妻夫木と、陸と旅をする余命宣告を受けている患者・成瀬翔を演じる渡辺が取材に応じ、作品の見どころや裏話を語ってくれた。

[caption id="attachment_1431977" align="aligncenter" width="430"] 妻夫木聡/スタイリスト:小松 嘉章(nomadica)、ヘアメ-ク:勇見 勝彦(THYMON Inc.)
渡辺謙/スタイリスト:JB、ヘアメ-ク:倉田 正樹(アンフルラ-ジュ) 衣装協力:BURUNELLO CUCINELLI[/caption]-最初にお話を聞いたときの作品の印象はいかがでしたか。

妻夫木 北川さんの脚本の世界観は独特でファンタジックでありながらも、こういう世界があったらいいなと思わせてくれる、自分と重ね合わせて一緒に人生を生きていけるような作品だと思いました。僕たちがやっている役者という職業は、ほとんどがフィクションを扱う仕事ですが、うそを真実にしてもいいんじゃないかと思わせてくれる力を持った作品だと思います。

渡辺 僕は20代と50代のときに病気をしたこともあって、医療系の作品は基本的にお断りしていたんです。本当の苦しさや悩みがドラマで描けるのか、ドラマにしていいのかというのが僕の中で今までずっとあったので、そのことを書きつづったメ-ルを北川さんに送ってお断りをしたんです。そうしたら、その3倍くらい長いメ-ルが返ってきて、北川さん自身も病と向き合って執筆活動を続けていらっしゃるということで、患者と医者の関係や、患者が生きていくうえでただ苦しい、つらいということだけではなく、喜びや幸せって何だろうということを置き手紙みたいに私は書きたいんですと言われて、そういう思いを持っていらっしゃるならと参加させていただきました。

-2人でお芝居をされるにあたって、役作りで行ったことがあれば教えてください。

妻夫木 現場にインする前に謙さんの家に泊まりに行って、いろいろなお話をしました。僕自身は死に対してどう向き合おうとしているのか、そこでどういう表情をしているべきなのかというのを考えていましたが、それ以外はずっと謙さんと楽しく過ごしていました。

渡辺 妻夫木は本当に真面目なんです。キャンプ場でウインナ-を焼くシ-ンがあるのですが、それを実践したくて家に来る前日にキャンプ場に行ったそうで、おいしいものを食べたときは自分がどう感じるんだろうとか、そういうことを実践してから現場に入るんだなと思って。でも、その日が寒くて、キャンプ場で全然寝られなかったらしいので、家に泊まりに来た夜はおいしいお肉を食べさせて温かくして寝かせました(笑)。

-お2人はドラマ「池袋ウエストゲ-トパ-ク」(2000年)などでも共演されていますが、お互いの印象はいかがですか。

妻夫木 謙さんはクレバ-でアイデアマンですが、人間性としては意外とお茶目でキュ-トな方なんです。謙さんがいると現場が和みますし、求心力がとてつもなくある方だと思います。「池袋ウエストゲ-トパ-ク」の頃は僕はまだ18歳くらいでしたが、同じ目線で向き合ってくださりましたし、謙さんは今もずっとその心を忘れずにやられているんだなと、僕自身も勉強になります。

渡辺 妻夫木は結婚して子どももできて、背負うものもできたと思うけれども全然変わらないですね。無責任ということではなくて、自分の実人生と上手に向き合って、すてきに生きていると思います。これから40代、50代になって、どんなふうに顔や生き方に年輪を重ねていくんだろうというのが楽しみです。

-役柄を演じて、ご自身が考えたことや得たものはありますか。

妻夫木 「何のために生きているのか」ということを、より一層考えるきっかけになりました。結婚して子どもができるまではそういうことを考えなかったですし、役者という仕事が好きで、それにまい進するのみと思っていました。言ってみれば、いつ死んでもいいなと思っていたところがあったのですが、今は家族ができて、逆に死ねないなと思っているんですよね。僕は家族のために生きているんだなと、より一層身に染みて感じました。この作品を通じて、改めて「今を生きる」ことが大事なんだ、この1分1秒を生きていることがとても貴重なことだし、例えばコ-ヒ-を飲んでいるその瞬間だけでも、ああおいしい、いい香りだなと幸せを感じられるようになった気がします。

渡辺 この作品は、自殺まで考えるほど追い込まれている陸が再生していく物語だと思っているんです。幸せって、そんなに大きなものではなくて、夜寝る前に布団の中に入ったときに「ああ、幸せ」と感じる、その瞬間の積み重ねであって。北川さんもつらいことや苦しいことがある中で、そういう小さな幸せを日々見つけて生きていらっしゃるんだろうなというのを脚本の中に感じました。僕自身も、例えば、大きな作品に出演できました、それで評価していただきましたとか俳優としての部分はありますが、日々の中にあるさまつな幸せは僕やみんなの中にもあるものですし、それはこのドラマの中にたくさん描かれている気がします。

-劇中で成瀬は病院を抜け出し、陸と共にバイクで人生最後の旅に出ますが、お2人は人生最後にどんなことをしたいと思いますか。

妻夫木 海外の作品に出てみたいとか欲望は山ほどありますが(笑)、結局、最後は家族のことになりますね。僕が死ぬときは子どもたちはいくつなんだろうとか、毎日変化していく子どもたちを見ているとやりたいことばかりですが、死ぬ瞬間に子どもたちの顔が見られていたらいいのかな、近くにいられなくても、みんなが元気だったらいいのかなと。何が起きるか分からない世の中ですし、今は本当にそれだけです。

-お子さんには、どんな道を歩んでほしいという思いがありますか。

妻夫木 子どもたちが大人になる頃には、もう少しグロ-バルな世の中になっている気がするので、それに向けて一緒に準備できることがあれば手助けしてあげたいなと思いますし、親としてやるべきことはたくさんあると思います。でも、親がいくら用意してもどう育つかはその子自身ですし、やりたいかどうかをチョイスするのは子どもたちなので、一概に「こう育てよう」とは思っていないです。いつの世の中でも同じだと思いますが、健康で元気でいてくれたら、もうそれで十分です。

-渡辺さんは人生最後に、どんなことをしたいですか。

渡辺 僕は成瀬と一緒ですね。考えても何も思い浮かばないというか。日々の瞬間の積み重ねが人生なので、例えば1つの作品をやっていても、すごく大変な日もあれば楽しい日もあるし、でも、それが積み重なることで作品になっていくというのが、もっと大きい意味で人生になっていくので、無駄な1日もたくさんありますが、そうやって積み重ねていくんだろうなと思います。

ドラマは、5月6日(月)夜8時からテレ東系で放送。

関連記事