本音の面から言うと、見られたいのは若くてカッコいい男。見られたくないのはオジサン、若くてもカッコよくない男。これが女の本音です。すみません。

これについておもしろい研究結果があります。
ディスコにやって来ている女の子を対象に、肌の露出具合やピタッとした服を着ているかどうかと、そのときの彼女の受胎の可能性についてオーストリアの研究者が、唾液に含まれるエストロゲンを測定、調査をしました。

その結果「より受胎しやすい日」に遊びに来ている子ほど露出度が高い服を着ている傾向がある、ということがわかったのです。
つまりセクシービーム全開でいい男をゲットしたい。いい男の遺伝子を取り込みたい。しかも「排卵期には、あちこち遠くまで歩き回る」ということも別の調査で分かっています。

排卵期になると彼女たちの活動が高まる……それも合わせると、排卵期には無意識にセクシーになり、無意識に活動的になっていろいろな場所に遊びに行きよりよい遺伝子をゲットする。

ということになります。いろいろな場所に行ってまで……。女とは恐ろしいですね。
「ナントカ期」と聞くとなんだか家で静養したほうがよさそうに思えますが。
もちろん家でおとなしくしている時期もあるんです。それは排卵期ではないとき。とくに、月経期間中は家にいる確率が高くなるそうです。ブルーで体調がよくないからと思っていましたが「遺伝子が取り込めないから出かけても無駄足」という深い意味があったのですね。衝撃!

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます