いかがでしたか。
露出度が高いからってじろじろ見たり、勘違いして声を掛けたりしても、女の子は喜ぶどころか嫌悪感を持ってしまいます。それより品定めに忙しい。

また、受胎の可能性が低い時期はセクシーにならないということ。それはいい男をゲットしようとしていない……。最もいい男をかぎわける能力が鈍ってしまうので、それほどいい男でない彼を捕まえてしまうということでしょうか。

「彼女、もっといい人と付き合えそうなのに」と不思議になるカップル。もしかして、かぎわけられない時期に選んでしまったのでは。それはそれでいいと思いますが、そのうちに「なんか違う…合わないみたい」になるのではないかとちょっと心配。

ここでいういい男というのは「自分の遺伝子に合い、しかもすぐれた遺伝子を持っている男」ということですので、いくらイケメンでも合わない遺伝子ならうまくいきません。「みんながイケメンと騒いでるけど自分のタイプじゃないな」……は、まさにそれです。

いつもセクシーな女性がたまに露出控えめだったりパンツルックのときがありますよね。
あれはけっこう謎でした。それは体調や心境の変化?というより、ただ排卵期ではないということなのかもしれません。

もちろん無意識下なので本人はわかっておらず「今日はコンサバで行こう」「いつもと違う格好もいいかな~」と感じていることになります。不思議ですね。

女性も年がら年中セクシー全開というわけでもないようなので男性のみなさん、安心してくださいね。(?)


参考:竹内久美子著「遺伝子が解く!女の唇のひみつ」

たえなかすず:歌人。短歌を詠むことが好き。ブラブラとOL時代を送ったあと結婚し、二人の娘の母になった恋愛コラムニスト。他恋愛サイトでも連載中。昭和マニアなのでいつも昔に思いをはせています。恋愛の話と面白いネタに食いつきます。趣味は映画観賞とマラソン。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます