©︎Disney

2018年7月にリリースされた「東京ディズニーリゾート・アプリ」。

目玉はアプリ内で買い物ができるショッピング機能です。

開発担当者にショッピング機能オススメの活用法を伺いました。

新登場! アプリショッピング

©︎Disney

「東京ディズニーリゾート・アプリ」のショッピング機能は、リリース時点で約4,500点ものグッズが一覧表示されるもの。

パーク内最大の品揃えを誇るショップがアプリ内に誕生しました。

気になったグッズはパーク内のどのショップに在庫があるか確認でき、無駄な買い物時間を削減できます。

さらに、アプリ内で購入し配送することもでき、重いお土産を持って帰る必要もありません。

混雑するショップに入らなくてもお買い物をすることができます。

なおアプリ内での購入には、当日パークに入園したパスポートのQRコードを読み込ませる必要があります。

来園前にDL! オススメ活用法

担当者オススメのアプリ活用法は、パークに行く前に「東京ディズニーリゾート・アプリ」をダウンロードするところから始まります。

商品は発売2,3日前からアプリに表示されるので、事前にアプリ内で欲しいグッズをチェックしておくのが便利です。

気になったグッズは「お気に入り」にどんどん追加していきます。

一通りグッズを確認したところで、お気に入り一覧を見て、欲しいグッズを精査していく、というのがオススメだそうです。

パーク内で欲しい商品をそのままアプリ購入し配送してもらうこともできますし、カチューシャなどの身につけグッズは販売店舗を調べておいて朝購入することもできます。

アプリには商品のバーコードを読み込む機能もあり、ショップで気になったグッズのバーコードを読み込めば、アプリにその商品が表示されます。

Tシャツのサイズ違いが売っている店舗を探すときにも便利な機能です。

ショップの在庫状況はリアルタイムに近い形で反映されているそうなので安心です。

パーク内でも、気になった商品のバーコードを読み取り、「お気に入り」に追加していくのがオススメ。

ふと見かけた商品も全部お気に入りに入れておいて、最後に精査してアプリで注文するか、在庫の多い大きな店舗でまとめ買いするのがオススメだそうです。

実際、アプリ内での購入は閉園前後の21:30〜22:30がピークとのこと。

アプリ内購入は来園当日の23:30まで可能なので、退園後に買い忘れたグッズを思い出し、アプリで購入するという人も多いそうです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます