(画像左から)永田俊樹、町真理子

アフリカのサバンナを舞台に、王の子として生まれたライオン・シンバの成長を通し、“生命の連環”という深遠なテーマを描き出すミュージカル『ライオンキング』。観客動員数1,195万人を突破。東京では1998年の初演以来20年以上の無期限ロングラン上演中という、まさに「ミュージカルの王者」と称するに相応しい名作が、約10年ぶりに福岡で上演される。久々の福岡公演を前に、シンバ役キャストのひとり・ 永田俊樹、メスライオンのナラ役キャストのひとり・町真理子が意気込みと作品の魅力を語った。

【チケット情報はこちら】

初めて本作を観劇した時、「シンバを演じたい!」と思ったと語るのは永田。「まだその時はミュージカルに出演もしたことなかったのに(笑)。シンバの生き方に共感したのかな。それから劇団四季に入団し、10年間ずっとシンバを目指して2年前にやっと。その間、筋トレも頑張ってました(笑)。とにかく元気さを重視して演じていますが、今もたまに“え?僕がシンバ?”と夢のような気持ちになりますね」と笑う。対して町はアンサンブルで出演が決定した後に初観劇。あまりにも凄い舞台に圧倒され、「これは無理、できない」という第1印象だったと苦笑する。しかしアンサンブルで出演するごとにナラへの憧れが強まり、オーディションに合格。「気品があって気高くて賢くて。本当に素敵ですよね。幼い頃から王妃になると約束されてきた女性ならではの、ロイヤルファミリーのような立ち居振る舞いは意識しています」

とにかく見どころが多い本作だが、やはり見逃して欲しくないのは「一幕冒頭の『サークル・オブ・ライフ』の場面」だと口を揃えるふたり。劇場を瞬く間にサバンナへと変貌させるその手法は確かに一見の価値あり。他にも永田は「ティモン(ミーアキャット)とプンバァ(イボイノシシ)とシンバの友情が大好き。シンバにとっては命の恩人であり家族のようなもの。最後の戴冠式での彼らの嬉しそうな誇らしそうな佇まいもすごく好き」。そして町は「ラフィキ(ヒヒの呪術師)の“過去とは痛いものだ。だが、道はふたつしかない、過去から逃げるか、学ぶか”の台詞に毎回感動してます!」と、それぞれ細かい推しポイントも飛び出た。

「新たな感動と驚きをお届けできるよう、日々稽古に励んでいます!観たことある方にも無い方にも楽しんで頂けると思いますので、ぜひ劇場に足をお運びください」(永田)「私たちの子ども時代を演じてくれるヤング シンバ、ヤング ナラはオーディションで選ばれた地元の子どもたちが出演します。子どもらしくキラキラ、ピュアに頑張ってくれるその子達からバトンを受け取り、私たちもさらに輝かなければ!と思ってます。劇場でお待ちしております」(町)と、それぞれ意気込みを語って締めくくった。

『ライオンキング』福岡公演は3月24日(日)より福岡・キャナルシティ劇場で上演。チケットは1月26日(土)発売。そのほか、東京公演も発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます