2018年12月20日 中央民族歌舞団民族劇院 Photo by Xiaobei/東京ゲゲゲイ北京公演((独)国際交流基金主催)より

オリジナルの歌と踊りで紡ぐ「東京ゲゲゲイ歌劇団」公演第3弾『黒猫ホテル』が開幕。公演の前には通し稽古が公開された。

【チケット情報はこちら】

※下記、ネタバレ注意

しばらく活動を休止していたYUYUが復帰し、BOW、MIKU、MARIEと、久々に東京ゲゲゲイのフルメンバーが揃った稽古場は、活気にあふれていた。メンバー達が猫耳のついた黒いキャップにウェイトレス風衣裳に身を包んでスタンバイ。

〈Black〉〈Red〉〈White〉の三部からなる今回のショー。最初のナンバー、『黒猫ホテル』の「ようこそ 我らが黒猫ホテルへ 終わりなき旅の途中 ごゆっくりおくつろぎください」という歌詞は、そのはじまりにぴったりだ。

メンバーたちがホテルのメイド風衣装を一瞬でチェンジする。昨年リリースしたアルバムからの楽曲が続き、MIKEY独特の透明感ある歌声が稽古場に響き渡る。日替わり曲のひとつとしてこの日披露された『ズットスキナヒト』では、しっとりと歌うMIKEYの周囲で、ほかのメンバーは座ったまま、曲の世界をジェスチャーで表現。そして〈Black〉最後は東京ゲゲゲイのテーマ曲とも言うべき『TG』。『TG We Are TG』『TOKY俺達ゲゲゲイ』の歌詞に胸が躍る。

続いて〈Red〉。メンバーたちは赤いブーツとシースルーの衣裳を身に着け、MIKEYも赤いハットをかぶる。『さみしい×1000』では孤独の中でもがき苦しむ心をMIKUが激しいダンスで表現するなど、ここではメンバーそれぞれの見せ場があるのも特長だ。さらに、武田真治がサックスとして参加している『愛のフルコース』の、どこか倒錯めいた妖艶な世界も見逃せない。

最後は〈WHITE〉。MIKEY、メンバーの衣装も白・銀色に変わる。『ゲゲゲイメドレー』などアップテンポの曲が続き、ボルテージは最高潮に。

今回は、東京ゲゲゲイ歌劇団で初めて、生バンドが参加。園畑貴之のファンタジックなキーボードと、松原“マツキチ”寛のパッションあふれるドラムを得て、ひときわ濃密な色を帯びるゲゲゲイの歌と踊りの世界を、お見逃しなく。

東京は本日より1月31日(木)までEXシアター六本木にて上演。大阪ほか地方公演もあり。チケットは好評発売中。

取材・文:高橋彩子

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます