「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ」が2019年1月31日(木)パシフィコ横浜・国立大ホールで公演されました。

圧巻! 本場ブロードウェイの歌声

ミュージカルの本場・ブロードウェイでディズニー・ミュージカルの主要キャストを演じたスターたちが来日し、ディズニー・ミュージカルの名曲を披露するコンサート。

『メリー・ポピンズ』メリー・ポピンズ役(オリジナルキャスト)と『美女と野獣』ベル役のアシュリー・ブラウン、『ターザン』ターザン役(オリジナルキャスト)のジョシュ・ストリックランド、『ライオンキング』父親・ムファサ役のアルトン・フィッツジェラルド・ホワイト、『ライオンキング』ナラ役のキシー・シモンズが来日しました。

『美女と野獣』でオープニングを迎え、『ライオンキング』『アイーダ』『ターザン』そして『メリー・ポピンズ』と、ディズニー・ミュージカルの歴史を辿りながら名曲を次々と披露していきました。

「美女と野獣」「パート・オブ・ユア・ワールド」などの名曲はもちろん、「愛せぬならば」や「シャドウランド」などミュージカルならではの楽曲も披露しました。

45人編成のシンフォニー・オーケストラは生オケで公演されるブロードウェイよりも大きな編成。

厚みのあるオーケストラと、メイクや衣装で誤魔化さないシンガーの生の歌声で、ディズニー音楽の力強さ、可憐さを感じられるステージでした。

第2幕のオープニングは『ダビデ王』。

さらに『ニュージーズ』メドレーなど、日本では見られないミュージカルの楽曲を紹介するのも「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ」の魅力です。

海宝直人がゲスト登場

そして、日本人ゲストシンガーとして、『ライオンキング』『アラジン』『ノートルダムの鐘』で連続主演した、海宝直人が登場。

海宝さんはヤングシンバと大人のシンバの両方を演じた世界で唯一の人物。

それを証明するかのように、「早く王様になりたい」と「終わりなき夜」でヤングシンバとシンバの曲を歌い継ぐマッシュアップ・メドレーが披露されました。

他にも「陽ざしの中へ」「自慢の息子」などを披露したうえ、「愛を感じて」では海宝が日本語でアシュリーが英語でデュエットしました。

フィナーレは『アナと雪の女王』から「Let It Go」。

まさかのキャスト全員による歌唱で、海宝直人もところどころ日本語で参加する、ここでしか聞けないパフォーマンスでした。

 

「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ」は2019年1月31日(木)に続き2月1日(金)もパシフィコ横浜・国立大ホールで公演。

完売となったVIPチケットにはしっかりした生地に公演ロゴが印刷されたブランケットが特典として渡されました。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます