ミュージカル『王家の紋章』ゲネプロより、左から メンフィス役:海宝直人、キャロル役:木下晴香

現在東京・帝国劇場にて上演中のミュージカル『王家の紋章』。開幕2日目の昼に行われたゲネプロを鑑賞した。

脚本・作詞・演出を荻田浩一、作曲・編曲をシルヴェスター・リーヴァイが手がける本作は、細川智栄子あんど芙~みんの漫画『王家の紋章』(秋田書店)を原作とするミュージカル。2016年に初演、翌17年に再演され、今回が3度目の上演となる。

劇中では、古代エジプトにタイムスリップしてしまったアメリカ人の少女・キャロルと、古代エジプトの少年王・メンフィスのロマンスをはじめ、二人を取り巻く人間模様が描かれる。

フォトギャラリーミュージカル『王家の紋章』ゲネプロの写真をもっと見る
  • イズミル役:大貫勇輔
  • 左から キャロル役:木下晴香 イズミル役:大貫勇輔
  • 左から アイシス役:朝香まなと メンフィス役:海宝直人
  • 木下晴香(中央)
  • 木下晴香(左) 海宝直人(右)

浦井健治、海宝直人、神田沙也加、木下晴香らが出演

海宝直人(手前左) 木下晴香(手前右)

“暴君”ともいえる傲岸不遜なメンフィスを演じるのは、初演と再演で同役を務めた浦井健治と、今回の上演版で新しく起用された海宝直人。キャロル役は、いずれも新キャストとなる神田沙也加と木下晴香が務める。取材日は“海宝メンフィス”と“木下キャロル”の組み合わせだった。

当世のエジプトで考古学を学ぶキャロルは、メンフィスが眠るピラミッドの発掘に参加したことで彼の異母姉・アイシス(朝夏まなと / 新妻聖子:Wキャスト)の怒りを買い、彼女の呪術によって古代エジプトへ弾き飛ばされる。

金髪碧眼で現代人としてのモラルや知恵を持つキャロルの言動は古代エジプト人の注目を集め、いつしか「ナイルの娘」「黄金の姫」と崇められるように。メンフィスから求愛を受け、反発しながらも心惹かれるようになったキャロルのもとに、隣国ヒッタイトの王子・イズミル(平方元基 / 大貫勇輔:Wキャスト)が現れてーー。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます