銀杏BOYZ特集 第7回Photo:小境勝巳
フォトギャラリー銀杏BOYZ 峯田和伸インタビューのフォトを見る
  • Photo:小境勝巳
  • Photo:小境勝巳
  • Photo:小境勝巳

銀杏BOYZの6年9ヶ月ぶりとなるフルアルバム『ねえみんな大好きだよ』が10月21日にリリースされることが決まった。本作は、オリジナルメンバー脱退後、峯田和伸1人になってから初めてのフルアルバムになるのだが、この6年9ヶ月を顧みれば、前作からここに至るまでの銀杏BOYZは休むことなくラジカルに動き続けていた。

銀杏BOYZ結成から17年間の活動の中でも、かなり濃厚な時間を過ごしていたわけだが、これらの経験や刺激が、銀杏BOYZにとって最も重要なアルバム制作にどう反映されたのだろうか。また、誰もが新型コロナウイルス感染拡大による制限や影響を強く強いられている今、峯田はどんなことを考え、銀杏BOYZの表現に反映させたのだろうか──。

ここでは、こういった今の峯田が考えていること、アルバム完成までの経緯と思い、収録楽曲についてを徹底インタビュー。アルバム収録曲数「11」にちなんで11週にわたってお届けする(毎週水曜日更新予定)。リリース日にアップとなった第7回の今回は、『エンジェルベイビー』『恋は永遠 feat.YUKI』について聞いた。

ドラムのオカズが過剰になった『エンジェルベイビー』

── アルバムバージョンの『エンジェルベイビー』は、シングルバージョンからアレンジが変わりましたね。楽曲自体はそのままですけど、とにかくドラムがすごい(笑)。「何故そこで!」というドラムのオカズが入ってくる。

峯田 これはね、僕が健二くん(岡山健二。サポートメンバー・ドラム)にそうお願いしました。「オカズしか叩かないでください」って。これも『骨』のアレンジを変更したのと同じで、曲の並びを意識してのことなんだけど、『エンジェルベイビー』はドラムのオカズばっかり入れたほうが面白くなるっていう。シングルより速くなっているし、焦燥感のある音を目指してこうなった。

── 『エンジェルベイビー』は、曲のテーマ自体が中学生くらいの男の子が、初めてロックを聴いて自分なりの解釈で「ロック」を意識したような感じですけど、そのイビツだけど初々しくアツい衝動がより出ています。

峯田 まぁね。ただそこまで考えてそうしたかどうかは、今となってはわからないけど(笑)。なんか理由があったんじゃない? ただ、あのドラムのオカズと、UCARY VALENTINEさんのエレクトロノイズと、幹宗くん(山本幹宗。サポートメンバー・ギター)とPちゃん(加藤綾太。サポートメンバー・ギター)のエフェクトノイズが重なっていくところはすごい気に入っているけどね。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます