撮影/奥田耕平

撮影中も、ずっと雑談が続く。まるで無二の親友に会ったような顔で、2人は楽しく笑い合っている。そのリラックスした表情だけで、この2人の間には揺るぎない絆があるのだということがわかる。

第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を含む主要3部門を獲得した映画『新聞記者』。今や最も売れている監督と呼んでも過言ではない藤井道人の作品が、Netflixでリブートする。

“新聞業界の異端児”と呼ばれる記者に、米倉涼子。組織の論理に翻弄される若手官僚に、綾野剛。そして映画版では登場しなかった新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮を横浜流星が演じる。

計4度目となる横浜流星×藤井道人のタッグはいったいどんなドラマを見せてくれるだろうか。

フォトギャラリー【横浜流星&藤井道人】『新聞記者』インタビュー写真を見る

黒澤明監督に三船敏郎さんがいたように、僕には横浜流星がいる

撮影/奥田耕平

──今回、新たにつくられた木下亮という役に横浜流星さんを起用された理由はなんだったのでしょうか。

藤井 Netflixとやるのは『野武士のグルメ』、『100万円の女たち』に続いて3本目。Netflixで配信されることによって海外からどれだけ豊かな反応があるかは僕なりに理解しているつもりです。その上で、米さん(米倉涼子)、(綾野)剛さんと共に、世界という土俵に連れて行きたいと思ったのが、流星でした。

横浜 ありがとうございます。

藤井 流星とは『全員、片想い』という映画の打ち上げで初めて顔を合わせて、そのときはまだお互い売れていない者同士で。そこから『青の帰り道』、amazarashiさんの『未来になれなかったあの夜に』のMV、そしてコロナ禍で撮影した『DIVOC-12』と、一緒にやってきた歴史が僕たちにはある。

今まで流星がやってきた役とはまた違う役だけど、それがどんなふうに海外から評価されるかという期待がありました。

横浜 僕にとっては藤井さんからのオファーは特別なもの。藤井組に参加するたびに、なんか帰ってきたという感覚になります。

撮影/奥田耕平

──藤井監督はなぜ横浜さんと何度もタッグを組みたいと思うのでしょうか。

藤井 僕はインディーズからずっと同じチームでやってるんですね。俳優部も、チームの部署のひとつ。だから、毎回題材が違っても、自分の大好きな俳優さんにこの役を演じてもらったらどうなるんだろうと考えるのは結構普通のことだと思っているんですよ。

黒澤明監督に三船敏郎さんがいたように、黒沢清監督に役所広司さんがいるように、僕の中で20代の男性の俳優さんが必要になったとき、真っ先にタッグを組みたいなと思うのが、流星。だからあんまり特別な意識はなく、今回も悩まずに流星に決めました。

横浜 もう幸せですのひと言です。僕も藤井監督からオファーがあったら、やると決めています。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます