『back number “in your humor tour 2023”』4月23日(日) 福岡PayPayドーム Photo:佐藤祐介、半田安政
フォトギャラリー【back number】ツアーファイナル「福岡PayPayドーム」の模様はこちら♪
  • 『back number “in your humor tour 2023”』4月23日(日) 福岡PayPayドーム
  • 『back number “in your humor tour 2023”』4月23日(日) 福岡PayPayドーム
  • 『back number “in your humor tour 2023”』4月23日(日) 福岡PayPayドーム
  • 『back number “in your humor tour 2023”』4月23日(日) 福岡PayPayドーム
  • 『back number “in your humor tour 2023”』4月23日(日) 福岡PayPayドーム

back numberの五大ドームツアー『in your humor tour 2023』が2023年4月23日、福岡PayPayドーム公演をもってツアーファイナルを迎えた。

東名阪ドーム会場を舞台に行われた『back number dome tour 2018 “stay with you”』以来約4年半ぶりのドームツアーであり、back number史上初の5大ドームツアーとなる今回の『in your humor tour 2023』。

最新アルバム『ユーモア』を携え、3月18日から大阪/名古屋/札幌/東京/福岡の5都市にて開催された9公演はすべて即日完売、計38万人を動員する巨大ツアーとなった。

《お洒落ではないけど 唯一のダサさで/君が笑えたらいい》――ライブの冒頭、清水依与吏(Vocal & Guitar)がテレキャスターの弾き語りで歌い始めたのは「アイラブユー」の一節だった。

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』の主題歌として日本全国で親しまれた名曲が、満場の期待感を真っ向から抱き止めるように強く優しく響いた。そこから一転、小島和也(Bass & Chorus)・栗原寿(Drums)のパワフルなビートから「大不正解」へ流れ込んでいく。

サポートメンバーも一丸となったアグレッシブな熱演が、ドーム一面のクラップの渦を巻き起こしたところで、続く「SISTER」の爽快な歌とサウンドが場内の多幸感をさらに煽っていく。

ライブ序盤にして、すでにクライマックス級の熱気が客席に広がっている。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます