©2020 FNC ENTERTAINMENT JAPAN INC./撮影:So Min-soo(STUDIO DAUN)
フォトギャラリー【P1Harmony ソウル】インタビューフォトを見る

2020年10月28日に、ミニアルバム『DISHARMONY:STAND OUT』を韓国でリリースしてデビューしたばかりのP1Harmony(ピーワンハーモニー)は、平均年齢17歳という若々しい6人組ボーイズグループ。

FNC ENTERTAINMENTがSF9以来、約4年ぶりに輩出するダンスグループとしても注目されている。

さらに、歌手デビューする以前に、メンバーが主役の大作SFヒューマン映画『P1H:新しい世界の始まり』が制作され劇場公開されるという、これまでにはないスケールの大きなお披露目でも話題を集めているところ。

デビュー日にYouTubeで公開されたアルバムのリードトラック『SIREN』のミュージックビデオは、11月6日時点で1000万回視聴を超えた。

新たなK-POP界のスターを夢見るフレッシュな彼らは、韓国出⾝メンバーが4⼈、⽇本とカナダ出⾝のメンバーがそれぞれひとりと、多国籍なメンバーで構成されており、デビュー作からラップメイキングを含めたほぼ全曲にメンバーが作詞で参加とクリエイトにも積極的!

そんな6人の魅力をひとりずつひも解く1問1答インタビューが到着。デビューが決まったときの気持ちや、先輩アーティスとのコラボ希望や他のメンバーの紹介まで、ひとりずつの回答を直筆を交えてお届けします。

5人目の今日は、マーシャルアーツが得意なソウル。2005年2月1日生まれ、177cm・60kgで日本出身ということでも話題を集めているメンバー。「ダンスレッスンに通っていて、キャスティングオーデイションを受けることになり事務所に入りました」というソウルは、ダンスを担当。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます