『W-KEYAKI FES.2022』8月20日公演より 撮影:上山陽介

櫻坂46が出演する『W-KEYAKI FES.2022』が8月19日&20日、富士急ハイランド コニファーフォレストにて行われた。

昨年同会場で初開催された『W-KEYAKI FES.』は、1本の欅から生まれ、それぞれ自分たちの坂を駆け上がってきた櫻坂46と日向坂46が、かつて『欅共和国』を行ってきた“聖地”ともいうべき富士急ハイランド コニファーフォレストに集結するという合同野外ライブ。

当初、今年は7月21~24日の4日間にわたり、1日目と3日目を日向坂46、2日目と4日目を櫻坂46が単独ライブを行う予定だったが、櫻坂46メンバーのコロナ感染により日向坂46公演の1日目と3日目のみ実施。約1カ月を経て、同会場での櫻坂46振替公演が行われることとなった。

フォトギャラリー【写真56枚】「手放したくない宝物…」櫻坂46『W-KEYAKI FES.2022』ステージの様子
  • 『W-KEYAKI FES.2022』8月20日公演より
  • 『W-KEYAKI FES.2022』8月20日公演より
  • 『W-KEYAKI FES.2022』8月20日公演より
  • 『W-KEYAKI FES.2022』8月20日公演より
  • 『W-KEYAKI FES.2022』8月20日公演より

「伝説は、1本の欅から始まった」

直前の体調不良により残念ながら関有美子がこの2公演を欠席することになり、卒業を控えた尾関梨香&原田葵を含む21人でライブに臨んだ櫻坂46。

快晴のもと、けやき坂46/日向坂46の鉄板曲「NO WAR in the future」カバーに加え、「タイムマシーンでYeah!」「摩擦係数」といった1stアルバム『As you know?』収録の新曲をライブ初パフォーマンスするなど、ボリューミーな内容で大成功を収めた初日から一転、20日の公演は小雨が舞う中で開演を迎える。

尾関&原田の影アナ、「伝説は、1本の欅から始まった」というメッセージから始まるオープニング映像を経て、桜色ジャケットと白いスカートという出立ちのメンバーがステージに現れ、「太陽は見上げる人を選ばない」からライブを開始。

先月の日向坂46公演と同じオープニング、同じフォーマットの衣装などからも「伝説は、1本の欅から始まった」の意味が強く伝わる演出に、早くもBuddies(=櫻坂46ファンの総称)から盛大な拍手が贈られた。

曲のクライマックスではウォーターショットが盛大に打ち上がり、キャプテンの菅井友香が「一度は断念せざるを得ないと思っていたこのフェスですが、たくさんの方々のおかげで開催することができました。今日は一緒に最高の夏の思い出を作りましょう!」と挨拶して、会場のBuddiesや生配信を観ている視聴者と一体感を作り上げていく。

『W-KEYAKI FES.2022』8月20日公演より 撮影:上山陽介
『W-KEYAKI FES.2022』8月20日公演より 撮影:上山陽介

その後「Overture」を経て、桜色をあしらった新衣装に着替えたメンバーは「Buddies」で、本格的にライブに突入。

センターの山﨑天が〈Yo! 元気かい? 君に会いたかったよ〉と笑顔で歌い始めると、会場の空気は一気に高揚感を増すことに。

続く「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」の曲の盛り上がりに合わせてウォーターショットが何度も打ち上がり、早くも“夏の恒例イベント”らしい場面が展開されていった。

『W-KEYAKI FES.2022』8月20日公演より 撮影:上山陽介

最初のMCでは菅井が1カ月前の延期に触れつつ、「あのとき、日向坂46のみんながつないでくれたバトンを受け取ることができて、こうして最終日を迎えられて、本当にうれしい気持ちでいっぱいです」と感謝を伝える。

また、欅坂46時代にMCでのお約束であった「尾関はどう?」が菅井から振られると、この日がラストステージとなる尾関は「来たね、必殺技(笑)。これも今日で最後だよ。寂しい気持ちもあるんですけど、今はBuddiesの皆さんとメンバーと、すべての皆さんでたくさん笑って過ごしたいなと思います」と現在の心境を吐露。

原田も「メンバーと配信ご覧になっている皆さんとここにいるBuddiesの皆さんと、雨を吹き飛ばしたいなと思います!」と意気込みを口にする。

『W-KEYAKI FES.2022』8月20日公演より 撮影:上山陽介
「ぴあWEB」更新情報が受け取れます