左から)宮野真守、畠中祐 撮影/友野雄

取材部屋に入ってきた瞬間から、溢れる“マリオ愛”が止まらない。映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』の日本語吹き替えを担当した宮野真守(マリオ役)と畠中祐(ルイージ役)の軽妙な掛け合いから、いかにそれぞれのキャラクターを愛しているかが伝わってくる。

全世界での興行収入1000億円を超えた本作について、宮野と畠中はどんな思いでマリオとルイージに命を吹き込んだのだろうか。

フォトギャラリー【宮野真守×畠中祐】映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』インタビュー写真をもっと見る
  • 畠中祐
  • 宮野真守
  • 左から)宮野真守、畠中祐
  • 畠中祐
  • 左から)宮野真守、畠中祐

マリオ・ルイージ役は「想像もしなかった」

左から)宮野真守、畠中祐 撮影/友野雄

伝説的人気を誇る任天堂のゲーム「スーパーマリオシリーズ」。国内外を問わず知らない人はいないだろう。配管工として働く兄弟マリオ&ルイージの存在は、多くの人の心に残っている。そんな、ある意味“大きすぎる”キャラクター・マリオを演じた宮野は、どんな思いで臨んだのか。

「僕自身マリオが大好きで、子どもの頃からゲームをやってきました。だから『“僕、マリオやりました”って言えるんだ!』って思えて、じわじわと喜びがわいてきて(笑)。あらためて、声優ってすごいなあと思いましたよ。だって、マリオになる人生なんて想像もしなかったですから」

宮野真守 撮影/友野雄

マリオの弟であるルイージを演じた畠中は「ガンダム、ウルトラマン、そしてマリオですもんね。声優界で一番すごいと思いますよ!」と受けながら「でも、僕も同じ気持ちです」と続ける。

「子どもの頃からずっと見てきたルイージですから、演じられてとても嬉しいですし、光栄でしかないです。あのルイージから僕の声がするなんて、思いもしないじゃないですか。宮野さんと同じで、後から嬉しさがわいてきましたね」

畠中祐 撮影/友野雄

「わかるわあ、信じられないよね!」と宮野が言う様子からも、二人にとってマリオとルイージの声を演じるのは、これ以上ない機会だったことが伝わってくる。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます