神谷浩史(撮影:高橋那月)神谷浩史(撮影:高橋那月)

国民的人気アニメシリーズ『クレヨンしんちゃん』、劇場版の第28弾『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』が、9月11日に待望の全国公開を迎える。

子どもたちのラクガキをエネルギーにする王国「ラクガキングダム」の危機に巻き込まれてしまった春日部。

「勇者」に選ばれたしんちゃんは、ラクガキングダムの王族と勇者だけが使うことのできる、ミラクルクレヨンで生み出した2日目のブリーフ、ニセななこ、ぶりぶりざえもんの3人のラクガキたちとともに、春日部を救うための冒険が始まった。

神谷「ついに来たな」

劇場版にぶりぶりざえもんが登場するのは、16年ぶりになる。ぶりぶりざえもんの声をつとめる神谷浩史は、「ついに来たな」と思ったそうだ。

「2016年からTVシリーズのぶりぶりざえもんの声を任せていただいてから、いつか劇場版でもお声がかかるのかなという期待もありました。

どんな役だろうと思ったら、ポスターヴィジュアルには大きく描いてあって、これはストーリーに大きく関わってくる役なんだなと」

神谷浩史(撮影:高橋那月)神谷浩史(撮影:高橋那月)

ぶりぶりざえもんは、しんちゃんのラクガキから生まれたキャラクター。本作のテーマにピッタリの存在だ。

「ぶりぶりざえもんは、本来なら現実世界に出てきてしまうと、おかしなことになってしまうけれど、今回は意味のある形で現実世界を舞台に様々なキャラクターとも遭遇する、これまでにない展開だと思いますね。」


また、神谷はこれまでにも『クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!』(2013年)のトリュフ役で劇場版に参加したことがあった。

本作ではゲスト枠ではなく、レギュラーとしてアフレコ収録を行ったことも、楽しい経験だったと語ってくれた。(※収録は2月に行われた)


「劇場版では2日にわけて録るのですが、前回はゲストの役だったので、1日のみの収録でした。

今回は2日間とも参加させていただいて、スタジオに新人からベテランまでが30人くらい集まって、すごく楽しかったですね。初日の収録が終わって“また明日もここへ来れるんだ”と思ったことを覚えています」

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます