山田裕貴 撮影/奥田耕平

国民的人気アニメシリーズ『クレヨンしんちゃん』の、劇場版第28弾『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』で、俳優の山田裕貴は防衛大臣役を演じる。

自由な落書きをエネルギーにして浮かぶ国、ラクガキングダムは、地上の落書きが減ったことで墜落の危機に瀕している。そこで王国軍と防衛大臣は、強制的に人々に落書きをさせる「ウキウキカキカキ作戦」を決行。

しんのすけたちの住んでいる春日部も、大パニックになってしまう。平和をとりもどすために、ミラクルクレヨンを手にしたしんのすけは、自ら描いた落書きの仲間たちとともに、勇者として立ち向かうのだが……。

“声がいい”から“声の演技ができる”わけではない

山田裕貴は本作がアニメ声優初挑戦。今年で30歳になる彼は、『しんちゃん』とともに育ってきた世代であり、その分プレッシャーも大きかったという。

「これまでアフレコというと、戦隊(2011年放送『海賊戦隊ゴーカイジャー』、ゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役)の変身後の声を当てた経験くらいしかないんですよね。

もちろん、小さい頃からアニメは大好きだし、声優さんに対してもすごく尊敬の念があります。だからこそ、アニメのキャラクターを演じることの難しさを感じました。

声優さんの演技と、僕のやっていることの違いというか、短期間で追いつける領域ではないんですよね。

よく『声がいい』と褒められることもあるんですが、“声がいい”から“声の演技ができる”わけではないんですよね。そこを改めて感じました」

山田裕貴 撮影/奥田耕平

昨年はNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』や、映画『HiGH&LOW THE WORST』、舞台『終わりのない』今年は主演ドラマ「SEDAI WARS」「ホームルーム」、映画『燃えよ剣』や『ヒノマルソウル』の公開も控えており、実写作品では多岐にわたる活躍を見せる彼だが、「ここ最近で一番大変だった役」だったと語る。

「キャラクターがいるのはどんな空間なのか? あるいは相手とはどのくらいの距離があるのか? それを想像して抑揚や緩急をつけた声色で表現しようとする。

でも、それを自分の中で意識しすぎると、今度は気持ちが乗っていない、心の削がれたものになってしまう。戦隊時代からそこにジレンマはありました。

ゴーカイブルーはクールな中に熱いものを秘めている役だったので、大好きな『機動戦士ガンダム00』の宮野真守さん演じる刹那の演技を参考にしていたこともありました。とはいえ、“今回も誰々っぽくやろう”とは思っていないですけど」

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます