『back number live film 2020 “ASH"』(撮影:佐藤祐介)
フォトギャラリー【back number】配信ライブフォトをもっと見る
  • 清水依与吏(撮影:佐藤祐介)
  • 小島和也(撮影:佐藤祐介)
  • 栗原寿(撮影:佐藤祐介)
  • 『back number live film 2020 “ASH"』(撮影:佐藤祐介)
  • 『back number live film 2020 “ASH"』(撮影:佐藤祐介)

back numberが10月25日、無観客配信ライブ『back number live film 2020 "ASH"』を開催した。

back numberが配信ライブを行うのは、9月22日に行われたファンクラブ限定の配信アコースティックライブを除けば今回が初となる。開催にあたって清水依与吏(Vocal & Guitar)は、「思いっ切り、を受け止めてもらえて、投げ返してもらえる時間がどれだけ幸せか。ライブをする、とゆう事がback numberがback numberである為にも限りなく重要であると知り、考え、考え、現時点での答えがこの形です。」と臨む気持ちを語っていた今回のライブ。会場に選ばれたのは千葉・幕張メッセだった。

清水依与吏(撮影:佐藤祐介)

オープニング映像に続き、清水依与吏・小島和也(Bass)・栗原寿(Drums)とサポートメンバーの姿が映し出され、「SISTER」からライブはスタート。「なんか緊張したなあ」と清水もライブ中に回想していた通り、観客不在の会場でやや張り詰めた雰囲気で始まったアクトだが、晴れやかな歌と演奏とともに刻一刻と高揚していく3人の表情が、“画面越しの最前列”まで克明に伝わってくる。

小島和也(撮影:佐藤祐介)
栗原寿(撮影:佐藤祐介)

「配信ライブっていうものを、“こういう時だから仕方なく”とかじゃなくて、きちんと“特別なひとつ”にしたくて」と清水もMCで語っていたように、舞台を捉える360度のカメラワーク、アリーナ部分を埋め尽くした照明設備、LEDビジョンやレーザーによる精緻な演出など、有観客ライブでは実現不可能なステージを実現していたのが印象的だった。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます