『ルパンの娘』瀬戸康史インタビュー 撮影:岩田えり
フォトギャラリー瀬戸康史インタビューフォトをもっと見る
  • 『ルパンの娘』瀬戸康史インタビュー 撮影:岩田えり
  • 『ルパンの娘』瀬戸康史インタビュー 撮影:岩田えり
  • 『ルパンの娘』瀬戸康史インタビュー 撮影:岩田えり
  • 『ルパンの娘』瀬戸康史インタビュー 撮影:岩田えり
  • 『ルパンの娘』瀬戸康史インタビュー 撮影:岩田えり

深田恭子が主演を務める人気ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)の続編が10月15日(木)よりスタートする。

横関大の同名小説をドラマ化した本作は、代々続く泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との許されない恋愛を描いたラブコメディーだ。

前作の最終回では全国指名手配された“Lの一族”が華の父・尊(渡部篤郎)の機転によって死んだことになり、華と和馬が結ばれたところで終わっている。本作では夢見た新婚生活を実現させた華と和馬だが、再始動した“Lの一族”の泥棒稼業に再び巻き込まれていく。

何が起きても華への愛を貫こうとする和馬を演じる瀬戸康史に話を訊いた。

撮影:岩田えり

ーー人気作の続編ということで、視聴者の期待も高い『ルパンの娘』続編ですが、撮影はいかがですか?

ほぼ前作と同じスタッフさんが作ってくださっているので、前作を超えるチームワークで前作を超える面白い作品にしようとみんなで頑張っています。

ストーリーとしては、華と和馬の関係性が、事実婚したことで変わっています。住む家も新しいところに住んでいて、新しい生活をスタートさせている。

それがどんがらがっしゃーんと崩れてしまうところから始まります。崩れたところからふたりがどうそこに立ち向かっていくかは見どころかなと思います。

ーー前作では現代が舞台でありながら、『ロミオとジュリエット』のような古典的な美しいシーンも見どころのひとつだったと思います。

前作から出来上がっている型のようなものがある程度あって、監督からも「ロミオとジュリエット感」のようなものを出してほしいとは言われています。

でも、古典的な美しさとか、そういう深いことは考えていません!(笑) ちょっとロマンチックに、どこか物悲し気に見えれば、というのは意識していました。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます