V・ファイナルステージ

第2代女王はどこか。『2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN』がいよいよ『V・ファイナルステージ』へ突入する。最終決戦を前にまず『V・レギュラーラウンド』の順位・個人賞受賞選手を振り返りたい。

【チケット情報はこちら】

プレミアカンファレンス
1位 デンソーエアリービーズ18勝3敗 51pt
2位 岡山シーガルズ15勝6敗 45pt
3位 NECレッドロケッツ11勝10敗 33pt
4位 久光製薬スプリングス10勝11敗 28pt
5位 日立リヴァーレ6勝15敗 21pt
6位 ヴィクトリーナ姫路3勝18敗 11pt

スターカンファレンス
1位 JTマーヴェラス17勝4敗 49pt
2位 東レアローズ14勝7敗 44pt
3位 トヨタ車体クインシーズ14勝7敗 37pt
4位 埼玉上尾メディックス13勝8敗 39pt
5位 PFUブルーキャッツ4勝17敗 14pt
6位 KUROBEアクアフェアリーズ1勝20敗 6pt

個人賞
得点王(最多得点) オズソイ,ネリマン(トヨタ車体)523点 初受賞
スパイク賞(アタック決定率) シニアード,ジャック(デンソー)52.9% 初受賞
ブロック賞(セットあたりブロック決定本数) タップ,ハンナ(日立)1.08本 初受賞
サーブ賞(サーブ効果率) ドルーズ,アンドレア(JT)17.2% 初受賞
サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率) 新鍋理沙(久光製薬)68.8% 3年連続6回目

各カンファレンス上位4チームは『ファイナル8』へ進出。Aグループはデンソー、東レ、NEC、埼玉上尾、BグループはJT、岡山、トヨタ車体、久光製薬に分かれ、1月11日(土)・12日(日)・サイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)、1月18日(土)・19日(日)に船橋アリーナとYMITアリーナ(くさつシティアリーナ)で総当りリーグ戦を繰り広げる。『ファイナル8』各組上位2チームが1月25日(土)・国立代々木競技場 第一体育館での『セミファイナル』、その勝者が翌26日(日)・代々木第一体育館での『ファイナル』でチャンピオンを決するのだ。

果たして、『V・レギュラーラウンド』を最多獲得ポイントで駆け抜けたデンソーが悲願の初優勝を遂げるのか、デンソーに次ぐ成績を残したJTが9季ぶりの優勝を手繰り寄せるのか、躍進した岡山、名門復活を期す東レが巻き返すのか、それとも直近7大会中5大会で覇権を独占してきた絶対女王・久光製薬が下克上を成し遂げるのか。激しいサバイバルが繰り広げられる『V・ファイナルステージ』は1月11日(土)スタート。

またプレミア・スターの各カンファンレンス5・6位がリーグ戦で順位を決する『チャレンジ4』は1月11日(土)~13日(月・祝)・宇部市俵田翁記念体育館にて開催。『V・ファイナルステージ』のチケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます