ミュージカル「ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」 制作発表

『キャッツ』『オペラ座の怪人』などの作曲を手がけたブロードウェイの巨匠、アンドリュー・ロイド=ウェバーと、『エビータ』『ライオンキング』などで日本でも広く知られている作詞家のティム・ライス。2人がまだ学生だった頃に、初めてタッグを組んで生みだしたミュージカルが『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』だ。主人公のジョセフに挑むのは、Hey! Say! JUMPの薮宏太。そして、すみれやシルビア・グラブ、小西遼生、小浦一優(芋洗坂係長)、村井國夫と、実力派役者陣が周りを固める。さらに薮の弟役を務める元木湧(少年忍者/ジャニーズJr.)を加え、制作発表が1月16日に行われた。

【チケット情報はこちら】

物語は旧約聖書『創世記』にある『ジョセフの物語』をベースに、ロック、シャンソン、カントリーなど多彩でエネルギッシュな楽曲に乗せて展開。観客を歌で導く“ナレーター”(すみれ/グラブのWキャスト)と共にストーリーは進んでゆく。12人兄弟の11番目で、父ジェイコブ(村井)に溺愛されているジョセフ(薮)は、他の兄弟に妬まれ、奴隷として売られてしまう。エジプトで暮らすことになるものの、持ち前の真面目さで主人のポティファー(小浦)に気に入られるジョセフ。だが彼の妻との仲を疑われたジョセフは、濡れ衣を着せられて牢獄へ。それでも“夢を読み解く”能力を持っていたジョセフの噂は、ついにエジプト王・ファラオ(小西)の耳にも入り……。

数奇な運命をたどるジョセフ役の薮は、「日本人版としては初めての本格上演となる今回、ジョセフ役ができて光栄です。全編歌で綴られるので、説得力をもってお客様に伝えられたら」と気合い充分。5年ぶりのミュージカル出演となるすみれも「またステージに立たせていただけてうれしいですし、音楽も耳なじみがよくてハッピーなミュージカルなので、ぜひ皆様にも楽しんでほしいです」と笑顔で意気込みを。一方、意外にもロイド=ウェバー作品には初出演だというグラブは、「家族愛や、夢を抱くことがテーマになっている作品。それをポップスの要素と共に、エンタメ性高くお届けできるのが魅力ですね」と語った。

時おり笑い声も聞かれる会見中、「色彩豊かな舞台になりそうなので、ファラオとして色を加えられるように」(小西)、「歌とダンスで盛り上がるなか、癒やしの存在になれれば」(小浦)、「本格ミュージカルは初めてなので、たくさん勉強したい」(元木)とそれぞれコメント。なかでも昨年末、軽度の心筋梗塞のため休養していた村井はこれが舞台復帰作。「毎日ウォーキングをして、もう元気です! でも私の“武器”はセリフですので、今回は歌だけなのが不安で……」と、ミュージカルでも名舞台を残してきた村井がわざとションボリし、キャストから笑いが漏れるひと幕も。最後は役同様、「薮くんのことはお気に入り」との発言も飛び出し、終始なごやかな会見となった。

公演は4月7日(火)~29日(水・祝)東京・日生劇場、5月14日(木)~18日(月)大阪・オリックス劇場にて上演。ぴあにて電話抽選先行を受付中。

取材・文/佐藤さくら

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます