舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ 稽古場より

客席からの人気投票でその日のナンバーワンホストが決まる“リアル指名システム”を導入するなど、斬新なシステムで舞台の新境地を見せた舞台「私のホストちゃん」。2013年に初めて舞台化されて以降、これまで6本のシリーズ作品が上演された。そして1月30日(木)より、“本気の終幕”と謳うシリーズの集大成、舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~が開幕。都内某日、キャストたちが稽古に臨む様子を取材した。

【チケット情報はこちら】

今作は従来の公演ではなく、これまでパフォーマンスされた楽曲などを歌とダンスで魅せるライブパートがメイン。昨年上演された「私のホストちゃん THE PREMIUM」出演メンバーを中心に、シリーズ2作目に登場した松岡 充も伝説のホストとして出演する。

取材時に行われたのは、心星役のソンジェを中心にしたパフォーマンスブロックの稽古。まず振り付けのEBATOより、前日までの稽古を踏まえての変更点が言い渡されると、そのまま音合わせへ。キャストたちは変更点も柔軟に対応して自身の中に落とし込んでいく。バラード曲では、柔らかく伸びやかな歌声を響かせるソンジェ。歌詞の言葉ひとつひとつを丁寧に表現する姿が印象に残った。

音合わせが終わり、少し時間が空くごとにソンジェはすぐさま歌詞カードを手に、実際に歌いながら曲を確認。気になったのか、高音のフレーズを何度も繰り返して音をたしかめる場面も。真剣な表情で歌を確認する一方で、キャッチーな振り付けをキャスト同士で楽しげに練習するなど、和やかな表情も見せた。

今回の稽古時、松岡は不在。全員でのパフォーマンス楽曲では、松岡の立ち位置や動きも細かく確認しながら稽古が進められた。全30曲を超える披露することもあって、キャスト全員が真剣な表情で1曲ごとの音や振り確認に臨んでいた。

舞台初日には、舞台「ホストちゃん」の楽曲をまとめたベストアルバムも発売。公演ではアルバムに収録されているすべての楽曲が披露されるという。

舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~は、1月30日(木)から2月2日(日)まで東京・日本青年館ホールにて。その後、名古屋、大阪を周り、特別公演として東京・豊洲でも上演される。荒木宏文や染谷俊之など、これまでに出演したキャストがゲストとして限定復活する上演日も。チケットは発売中。

取材・文:渡邉千智

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます